多くの皆さんに支えられて…

 昨日60歳の誕生日を迎えることが出来ました。

 多くの皆さんの支援により年月を重ねられ事に最高の幸せを感じます。そして沢山のメールやお手紙本当に有難うございました。この場をお借りして御礼申し上げます。

 昨日は社員が誕生日を祝ってくれました。サプライズが好きな私、それを超越するサプライズを社員が1ヶ月間考えて企画してくれました。とてもとても全てはお伝えできませんが…

 スタートは「秘密のパーティ プロジェクト一同より」という手紙から始まりました。
 
 「……素敵なレストランをご用意しました。社員が会場までご案内します」。会場も内容も全く知らされず、当日を迎えました。会場は大通りにある素敵なイタリアンレストランを貸し切って行われました。

 真暗な会場へ入ると100人の従業員が笑顔で迎えてくれました。その顔を見ただけで涙が溢れてきました。被災に合った仙台の事業所からも、関連の会社からも、お世話になった友人も多くの人がサプライズで駆けつけてくれました。当日、都合で来られなかった大阪や九州からは「ビデオレター」が届きました。

 あぁ~もうダメ! 何なんだこいつらは…って感じです。

 しっかりと練習を重ねた?アトラクションが続きます。ジャズに歌に、手品に、ダンスに…(こいつら、こんなに忙しいのにどこで何をやってるんだ!なんて言える雰囲気ではありません(笑))

 プレゼントタイムは持ちきれない位のプレゼント(皆さんに散財させちゃたな~)。そして日頃ちゃんと私を見ているのですね。私の大好きなブランドの商品や趣味のグッツ、花束、ワイン、手作りのボードやクッキー等々本当にうれしいプレゼントです。何より心が通っているそんな感じの物ばかりでした。

 後半には「中西History」が上映され、自分の60年間の人生が走馬灯のようによみがえってきました。

 どうきゅうにお世話になって30年、この従業員と共に歩んできました。本当に素晴らしい従業員達です。私の“誇りでもあり宝”です。何と、何と、素敵な仲間なんでしょう。

 人生は誰と出会うかで決まる。従業員の皆さんとの出会が私の人生をこんなに有意義なものにしてくれました。

 幹部社員が率先して企画し若手社員が盛り上げ、その姿を役員が嬉しそうに眺めている。そんな会場の風景を見て、「あぁ~いいな~いい会社だな~何か違う会社みたい」と言うと、これが“どうきゅう”なんです。社員が言ってくれました。

 笑顔、涙、ぬくもり、そして思いやりのひと時、誕生日を楽しんでいたのは私よりも従業員かも知れません。でも、そんな文化がどうきゅうを強くしていくのでしょう。

 人生の1ページと言うには余りにも濃い一日でした。皆さん本当に有難うございました。
by dokyu-nakanishi | 2014-02-28 11:21 | 日々想う事(感性を磨け)


中西 泰司
(なかにし たいじ)

株式会社どうきゆう社長。自転車レースチームの総監督でもある。

実践で培った経営・人材セミナーは社の内外を問わず人気。


by dokyu-nakanishi

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る