リベラルカレッジ

2013年度のリベラルカレッジもラスト1になりました。
今日はドラッカー「プロフェショナルの条件」から“人生をマネジメントする”“何によって憶えられたいか”について討論を行いました。

 「人生をマネジメント」するでは「第二の人生をどうするか」がテーマです。マックスプラン、パラレル・キャリア、ソーシャル・アントレプレーナーの個々の特徴そして取り組み方などを学んでいきます。

 「何によって憶えられたいか」では卓越性、責任、成長、そして成功をキーワードに事例をひも解きながら学んでいきました。

 私の人生観や入社してからの行動など事実を知識を事例に落とし込みながら若い方には説明をしていきました。「社長ってそうなんだ~。」社員からは改めてうなずくシーンなどもありました。

 2013年の一年間をかけてリベラルカレッジでは「人間としての生き方」「仕事に対する考え方」に焦点を合わせて学んできました。11月はその集大成です。一年間の総まとめを実施します。一人の人間として人生において成し遂げるべきことは何か、限られた時間の中で最も重要なことに集中できるよう知識として学んだ勉強会でした。カレッジの生徒はここで学んだことを多くの人に伝えていくことでより一層の成長を成し遂げることができます。

 12月からは一歩先の目標に向かって挑戦していきます。かなり難易度が高い教育になりますが、自らを異なる人物、そうなりうる人物として自らの成長を促すことのできる内容です。

 このリベラルカレッジを通じて「人生が変わった」と言ってもらえるように学問として学ぶだけではなく行動に落とせるレベルまでひも解いて皆さんに伝えていきます。社員の皆さん、また、是非、一年間おつきあください。
a0285947_847278.jpg
a0285947_8471857.jpg
a0285947_8473584.jpg
a0285947_8475352.jpg
a0285947_8481268.jpg
a0285947_8485634.jpg

by dokyu-nakanishi | 2013-10-22 08:51 | 日々想う事(感性を磨け)


中西 泰司
(なかにし たいじ)

株式会社どうきゆう社長。自転車レースチームの総監督でもある。

実践で培った経営・人材セミナーは社の内外を問わず人気。


by dokyu-nakanishi

プロフィールを見る
画像一覧