アップル銀座店で「ipad」を購入しました。

今年のリフレッシュ休暇は、次世代機器に挑戦です。ipadを購入しました。何に使うか決まってません。ただ購入したかったのです。私達の年代ではだんだんこんな次世代機器に疎くなっていきます。でも今の若者は必需品です。この感覚を理解していかなければ感性なんて高まりません。自分の頭が化石にならにようにがんばってみようとまずは「行動ありき」でおそるおそる店舗に入りました。

a0285947_1482091.jpg
う〜ん。ディスプレイの器機が一杯並んでいる。オープンと同時に入店したのでまだお客様はまばら、ipadの説明を受けたのだが全然わからない。

なので店員さんに「とりあえずください」。

店員さん「はい、ありがとうございます。ではこちらへ・・・」

購入手続きを済ませて「お願いです、すぐ使えるようにしてください」

店員さん「大丈夫です。ここで少し使ってみましょう」

使うって・・・、使い方どころか、ipad自体何者かも知らないでこちらは買っているんだから・・・

でも綺麗でやさしい店員さんが「こうやって、こうやって。みましょう」

「おう!、おう!おう!、あら、あら、あら、」意外と簡単に・・

それから書店で活用術の本を物色、一緒に並んでいた「ipadショック」の本も購入。

a0285947_148205.jpg


a0285947_1482042.jpg


この本は“当たりの本”です。新時代へ向けて、私のように何だか解らないけどこれからの時代についていきたいと思っている方必見の本です。

深夜自宅に帰って、家内と子供を呼んでipadのお披露目、昔の家庭にカラーテレビが来た時のような興奮、家族でipadを覗き見て色々試す。

家内の

「時代は変わったね、あなたがこんなものを買う時代になったんだね」・・とポツリ

本心は解らないが、何かみように納得感(笑)。
by dokyu-nakanishi | 2010-07-15 00:07 | 日々想う事(感性を磨け)


中西 泰司
(なかにし たいじ)

株式会社どうきゆう社長。自転車レースチームの総監督でもある。

実践で培った経営・人材セミナーは社の内外を問わず人気。


by dokyu-nakanishi

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る