平常業務

あっという間に3日間が過ぎてしまいました。年々お正月という雰囲気がなくなっていきますね。新年各企業に挨拶回りをしたり、普段会えないところに思い切って顔を出したり、新年会と銘打って気楽に飲み会をやったり、こんな事って一見無駄のように思えますが大切な事のような気がします。

 昨年知り合った経営者の方で「無駄と思うことをどれだけできるかで人の器って決まるような気がする」と言っていた方がいました。自分にとって損得を図れば「誰かがやればよい、自分でなくても・・。とかこれは無駄な事だ、時間がない・・・。」とかになりますね。でもそんなところに時間を費やすることが“善”になるのかもしれません。感謝される源ですね。「仕事の無駄を省き感謝の無駄を作る」時間の使いかたですね。

当社の新年のささやかなプレゼントです。本社にご挨拶に来てていただいた方に差し上げています。お客様の中では「ごれを頂くと新しい年が始まると実感しますね。お餅も美味しく、中の餡子が上品でさすがどうきゅうさんが選ばれた紅白のお餅ですね」と喜んでいただいております。

毎年150個程用意をさせていただいています。

 お餅は私の大好物、小さい頃はお雑煮で一度に10個位食べてました。今はラーメンとお餅はNG!、従業員が美味しそうに食べているのを横から4分の1カットをつまみ食いして我慢しました(笑)。
by dokyu-nakanishi | 2010-01-07 00:01 | 日々想う事(感性を磨け)


中西 泰司
(なかにし たいじ)

株式会社どうきゆう社長。自転車レースチームの総監督でもある。

実践で培った経営・人材セミナーは社の内外を問わず人気。


by dokyu-nakanishi

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る