<   2015年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

古典

 地方統一選挙の真只中です。
 社長室からも選挙カーからの演説が聞こえてきます。国益や複雑な国際関係を踏まえて地方行政の在り方、リーダーシップの発揮の仕方、政治的にも人間的にもブレない人を選びたいですね。

 今日は今月末に開催予定の勉強会の資料を作成しました。最近勉強している中国の古典に触れた内容です。

 中国紀元前500年頃、中国は乱世の時代、形は周王朝の時代で天下を収める周王の下に諸国を治める諸候がいました。日本の江戸時代に似ているのですが力で国を支配しようとする権力者たちによって内乱が起き、諸候の内部でも混乱が生まれ、下克上が発生し社会秩序が乱れ世の中が急速に不安定になった時代です。

 何か、これから日本が一歩誤った舵を取ると権力による内乱が生まれ、中国の乱世の再現になりそうな気配があるのです。(もちろんそうならに様に世の中の摂理が働き、良い方向へと導きかれるのですが、一つの仮説として考えられる要因)

 しかし、中国の歴史を遡れば争いや権力で国を統治していたのではなく理想の政治の在り方や社会の在り方を唱え徳によって人々から愛され、尊敬された王が国を統治していた時代があったのです。その当時の教えとして存在した古典が「十三景経注疏」です。儒教に於いて重要とされる13種類の古典です。

 多くの研究者が取りまとめていますが、私は清朝時代に政府の高官だった阮元という人物が編ざんした「十三景経注疏」の内容を基に学んでいます。注釈書を基に出来る限り真意を読み取れるよう時間をかけて学んでいこうと思います。私の机の上には関連した書籍が5冊ほど載っています。2~3年はかかるでしょうね。(笑)

 でも、「徳で国を統治する」素晴らしい事ですね。どこでも勉強できますから海外で時間が空いた時や移動のときに一生懸命紐解いていこうと思っています。そして、経営に関わる部分は皆さんに伝えていきたいと思っています。
by dokyu-nakanishi | 2015-04-08 09:30 | 日々想う事(感性を磨け)

2016年に向けて

4月1日、一年間の中の1日なのですが何か身が引き締まる思いのスタートです。
いま、社内で進んでいるのが「2016年プロジェク」トです。3つのプロジェクトが各々のテーマを持って10月をゴールに進んでいます。

 第一のプロジェクトは「お客様の視点から捉えたお客様固有の商品・サービスを提供するハイクオリティな仕組みを作るプロジェクトです。かなりの難題です。マニュアルではありません。心を動かす仕組みです。メンバーのボキャブラリーが重要なプロジェクト、若さがウリですね。

 もう一つのプロジェクトは教育費の使い道を自分たちで決めるプロジェクト。「自分たちの未来に何が必要か、自分たちが決めて、それに投資する」というものです。長期的戦略と長期的利益の視点がなければなりません。自分たちの未来の到達点はどこか…どこまで高い理想を掲げ真剣に挑戦するか、その意気込みが必要な体育会系のプロジェクトですね。

 最後のプロジェクトは多様な働き方を認めるプロジェクトです。キャリアパスを自分たちで作るというものです。会社が新入社員から役員までのプロセスを描き、切磋琢磨して生き残りのゲームを仕掛けるのではなく
色々な仕事に価値観を見出し、その仕事のスペシャリストを育成し、働き方を互いに認め合い奨励するものです。もちろん報酬も変化します。その道を極めれば経済的豊かさもついてこなければなりません。「あのような人になりたい」と思ってもらえる達人を作るプロジェクトです。

 3つのプロジェクトは6ヵ月かけて具体的な作業を行います。2016年からはその仕組みに則って会社が動いていきます。会社がシナリオを作ってその中で社員が動くのではありません。自分たちが自分たちで良い会社を作っていくのです。

 将来、どんな結果が待っているかはわかりません。でも、私は社員を信じ、信頼しています。過去の成功に甘んじてその延長線を引っ張るよりも、未来へ向けて自分達の素晴らしい人生を描いて挑戦するほうが最も成功の確率が高いことを…
by dokyu-nakanishi | 2015-04-01 09:16 | 日々想う事(感性を磨け)


中西 泰司
(なかにし たいじ)

株式会社どうきゆう社長。自転車レースチームの総監督でもある。

実践で培った経営・人材セミナーは社の内外を問わず人気。


by dokyu-nakanishi

プロフィールを見る
画像一覧