<   2015年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

短時間で大きな成果

 私たちの企業には経営理念を現場で実践できるように行動指針やモットーを更に具体化し、より実践的に細分化した「サービスバリューズ12」という行動のお手本があります。
これは、私たち一人ひとりが高いパーソナリティを持つだけではなくチームや組織として付加価値の高いサービスを提供するために価値観の共有を図るために作られたものです。
 この同じ価値観によって支えられた仕組みによって個人のパーソナリティをチームとして集結させお客様により高いサービスを提供しています。

 7年目になるこの取り組みは「企業風土」として定着していますが、この取り組みは企業が成長するための強力なエンジンとなっています。そのエンジンにさらにパワーを与えるためにこの企業風土を重層的な視点で分解し異なった取り組みを実施しようと思っています。

 なぜこの取り組みの実施に至ったかと言うと「変化のスピードの速さ!」です。教育は未来に向けての情報の提供です。生きる術を学びます。でも、今は情報の陳腐化が異常に早いのです。「情報の賞味期限が短くなった」と言う感じです。人材不足の現場に於いてOFFJTは体力を消耗します。そのため短時間で最も効果のある取組を実施しなければなりません。以前のように一日膨大な教育資料と向き合って学んだり、現場の社員を何回も何回も研修会に参加させ新しい情報を提供するというような時間はだんだん限られてきました。しかし、情報は陳腐化する…この矛盾した状況を回避するための新しい提案です。

 「重層的な視点」とは人間の理解度を「表層心理」「中層心理」「深層心理」に区別し、どの心理状態の中に刺激を与えると最も高いパフォーマンスが提供できるかに視点を持った社員教育を行うという事です。表層心理を刺激するための教育方法とは、中層心理、深層心理を刺激するための教育方法とは、を考えて異なったツールを使用して最も効果的に心理状態に刺激を与えるという方法です。

 本来「小さな努力で大きな成果」は長続きがしないという法則があるのですが、今の時代ですから「短時間で大きな成果」に挑戦してみたいと思います。
by dokyu-nakanishi | 2015-01-21 10:00 | 日々想う事(感性を磨け)

謹賀新年

 2015年はとても難しい年になりそうですね。羊年は「ヒットの年」といわれ色々な新商品が生まれる年だそうです。ヒット商品は新たなイデオロギーの中から生まれてきます。普通の職場、ありふれた目標、管理組織からは創造性は生まれてきません。ヒット商品の開発が出来る企業は経済価値の創出に情熱を燃やす環境があるからです。世の中が求めている企業の在り方です。

私が皆さんにお伝えする「2015年のキーワード」は3つ。

①重要なものを優先する

 私たちが直面する問題は数多く存在します。もちろんやらなければならないと分かっているけれど先延ばしになったり、やり易いもの、結果が出やすいもの等を優先してしまいます。さぁ今年は自分の運命を決定づける根本的な課題を見つけるくらいの意気込みを持って動いてみましょう。

 問題は数多く存在します。課題とはその中でもすぐに解決しなければならないものを課題と言います。課題抽出のための時間を最大限に捻出し活用しましょう。


②「良い」で終わらない。「優れる」を目指す。

 こんな時代です。可もなく不可もなく生きるのが一番上手な生き方、何て言う人もいます。もちろんそんな生き方は大きな失敗はありません。でも時代の成熟度がこれだけ早いのですから数年で「良」は「可」に「可」は「不可」になってしまいます。「これで良い」はあなたの最大の敵です。


③成果を急がない

 もちろん私たちは経営資源を使って成果を出さなければなりません。最大の成果を出すことに挑戦しなければなりません。でもこんな言葉があります。「小さな努力で大きな成果」「大きな努力で小さな成果」前者には“すぐダメになる”という続きがあり、後者には“長く続く”という続きがあるようです。ダイエットも同じですね。こんな時代だからこそじっくりと柔軟な足腰を作り上げる方が良いのです。


以上です。重要なものに時間を使い、常に最高を目指し、柔軟な足腰を鍛えあげる。このキーワードを忘れずに2015年を過ごしてみてがどうですか。
by dokyu-nakanishi | 2015-01-06 15:15 | 日々想う事(感性を磨け)


中西 泰司
(なかにし たいじ)

株式会社どうきゆう社長。自転車レースチームの総監督でもある。

実践で培った経営・人材セミナーは社の内外を問わず人気。


by dokyu-nakanishi

プロフィールを見る
画像一覧