<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

非合理性とは

 昨日はある交流会で「経営者と語る夕べ」と題して幹部社員とその経営者との懇親会がありました。主催は若手幹部社員でなる勉強会グループなのですが私はその世話人兼今回の経営者の参加者の1人でもありました。

 内容はとても素晴らしいものでした。理念の実践のためには社長を知ること。理念とは経営者の生き方そのもの、トップの人生観です。その理念を深く知るためにはトップに近づくことが大切。その実践の場作りでした。

 トップと同じ時間を、空間を共有する事で見えてくるものが多々あります。経営軸と労働軸は一体ですから仕事でのトップと日常の人としての姿も同一です。「仕事は仕事、プライベートは別」実質的には有り得ません。

 人間は複数のゲシュタルトを持っていますが、その思考は強いもの一点にしか現れてきません。複数のゲシュタルトを同時に表現する事は出来ません。ですから経営軸(人生観)と労働軸(労働観)は必ず同軸上に存在します。

 そして、理念の共有は同一行動によって共有化されていきます。そのきっかけを作る仕組みが今回の「経営者と語る夕べ」の目的です。

 世話人としてあえてこの会の完成度を評価するならば90点と私は評価します。内容はとても素晴らしいものです。合格といえば合格なのですが私にとっては不満足でした。不足の部分が「感動は非合理性の上に成り立つ」この実践がなされなかた事です。

 経営者をお迎えするのですから・・数少ない機会の中で最大の成果を発揮する必要があります。そのためには最後の1%の詰めを行わなければ感動は生まれません。(この1%の追求が非合理性の追求です。)互いの感動があって初めて共有する価値観が見えてくるのです。これは仕事も同じです。初めてのお客様との接点は一度きりです。基本的にはリベンジはありません。(今度は・・・は皆無)

 成熟した社会の中でたった一度の機会でお客様を感動させるにはこの1%の詰めを怠ってはならないのです。そしてもっと厳しい評価をすれば90点も0点も同一であるということです。この厳しい時代「だいたい目的が達成できた。」では生き残れないからです。

 でも今回の会を主催した若手幹部社員はりっぱです。この課題をきっと乗り越えて2月に向けて進んでくれると信じています。またそんなバイタリィティのあるメンバーばかりです。ちょっと辛口の評価になりましたが素直な感想を伝えてみました。
by dokyu-nakanishi | 2011-11-30 01:11 | 日々想う事(感性を磨け)

人生時間

最近特に感じるのです。自分の人生時間を何に使うかって・・・

人生時間って誰にも平等に与えられています。もちろん全ての人が同じ年齢で死を迎えるわけでもありません。人それぞれに役割があってその役割を全うし寿命を迎える。もしくは死という大きな代償をもって自分の役割を全うする方もおられるかもしれません。

しかし、同じ時間という単位を使えば平等なのです。

 人生時間とは仮に1日24時間としましょう。これは26時間や20時間しかない人はおりません。誰しもがこの世の中で生きている以上、平等に24時間という時間を得ています。この時間をどのように使うのかです。初めから20時間で良いなんて人は誰もいません。「26時間あったなら、30時間あったなら・・」人はそう願います。それだけ神様から与えられた貴重な時間なのです。そんな時間だからこそ、自分のために使いたいですよね。

 でも、もし、その貴重な時間を誰かのために10時間分けてあげることができたら・・・

「あなたのためにこの10時間をあげるね」と分けてあげられるとしたら、あなたは自分の限られた人生時間を他人に譲る事ができますか?



 「自分の時間だけでも足りないのに、他人に時間を譲るなんて・・」誰しもが思う気持ちでしょう。それは自分の命を削る思いと同じなんです。「命を移し変える」そんな事ができますか?

 しかし、自分の24時間をどんなに頑張ろうとしても24時間は増えることも減る事もありません。まして、30時間になることはありません。

 でも、思い切ってあなたが誰かの事だけを考えて10時間を使う行動を取ったなら、その方に10時間の人生時間が増える事になります(もちろん時間をモノのように扱うことはできませんが思いを馳せるという時間の譲り方です)

*1人の事を思って時間を譲れば・・

(24-10)+(24+10)という計算になります。総合的な数値は変わらないです。

*10時間の中で二人のことを同時に考えたら・・・

(24-10)+(24+10)+(24+10)となります。あなたの10時間は20時間となって表れて来ます。

 1人よりも2人、2人よりも3人と空間を増やしていけば自分の人生時間に広がりを持つことが出来るのです。もし、3人が互いに同じ行動を取ったならば、あなたは20時間の時間を得ることができます。プラスマイナスという言い方は好きではありませんが、結果として10時間あなたの人生時間が増えることになります。

 でも不思議なんですね。この式には条件があるんです。自分の人生時間を増やしたいなら増やしたい時間以上に自分の時間を誰かに譲らなければならないのです。得るより譲るほうが先なんです。

 そんな決断を下すには「譲るに値する人との出会いが大切」なんです。大切な時間を譲ることができる人と出会えることが最高の幸せなんです。時間を無駄に過している人やエゴ的な人に大切な時間を譲ることはできません。

 やはり、日々輝いている人です。日々、誰かのために輝いているからこそ、そのために時間を譲ることができるのです。そんな人との出会いは人生の中では稀です。 

 多くの人はそんな人に出会うこともないかもしれません。でも出会うたった一つの方法があるのです。それは、あなたが輝いていること。あなたが日々輝いていればその輝きに共鳴した友が現れます。これが自然の理です。思い切って自分磨きをしてみてください。

 この自分を磨くということが労働なんですね。労働の中にこそ唯一自分を磨く事ができる多くの現象が存在しています。信じて動いてみませんか。
by dokyu-nakanishi | 2011-11-29 08:11 | 日々想う事(感性を磨け)

契約社員研修

5回の社員研修が終わり、約60名の方と研修会を共にしました。

先週からは契約社員の一泊研修です。午後3時から翌日の10時までこれから58名の社員の皆さんとの研修会です。今日、2回目が終了しました。 年齢も22歳から◎◎歳まで、幅の広い年齢層での勉強会、その中で同一の価値観作りを

進めています。

 今日も、最後の発表会では思わず涙が出てしまいました。どうきゅうの強さはここにあるんですね。改めて実感しました。

 セミナーの合間には東京等への出張が続き、札幌に在住しているのもほんの数日。

少し、こんな生活が続きます。

 中々、自分の趣味も謳歌できませんが、それ以上に色々な人との出会いがあります。

「人生は人との出会いで決まる」・・・本当にどんな人と出会うかですね。
by dokyu-nakanishi | 2011-11-12 03:11 | 日々想う事(感性を磨け)

理念研修パート2

昨日を通して一泊二日で理念研修パート2が開催されました。

将来の社員候補や、退職後の雇用者等57名の理念研修です。3回に分けて行われます。

昨日からの研修が第1回目でした。

15:00にNTT研修センターに集合

講義・グループデスカッション・夕食・講義・懇親会と続きます。

今朝は、復習会のあと、レポート作成です。そしてまとめ講座。で研修が終了します。日頃、偏っている行動や心の在り方を一日をかけて取り戻します。23歳から68歳まで

年齢差45歳、そして仕事の内容も違う13人が集まり心を一つにします。

とても有意義な研修でした。

来週は出張が続き殆ど札幌は日帰り状態?

 札幌に居るほうが少ない状態です。そこに多くのアポが入ります。セミナーの資料作成も入ります。・・・どうしていつもこんなに仕事が詰まっているんだろう・・・

「仕事の進め方」と「時間の使い方」の先生のはずが・・・

一番パニックになっているのは私かも・・・でもそれに加えてアポイントを取るのだから、この状況が快感なのかも・・・。
by dokyu-nakanishi | 2011-11-02 06:11 | 日々想う事(感性を磨け)


中西 泰司
(なかにし たいじ)

株式会社どうきゆう社長。自転車レースチームの総監督でもある。

実践で培った経営・人材セミナーは社の内外を問わず人気。


by dokyu-nakanishi

プロフィールを見る
画像一覧