<   2011年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

完成した・・・

悩んでいた共同体図に光明が・・・

(最近読んだ本を読み返して大きなヒントを得た。)

「天才だけが辿り着いた成功法則」糸川英夫の逆転の発想(新装版)

これにヒントが隠れていた。

「はやぶさ」の探査先となった小惑星「イトカワ」はこの作者の名前から取られたものだが「ロケット開発の父」と呼ばれ、この天才が40年前に予言した数々の事象の中に出ていた「G3=T-(G1+G2)開発のヒント」である。

 これは、人間の所得と欲求から所得弾性率を求め、商品群を分類する方法である。この商品群(6商品群)を社会構造に当てはめていくと3つのグループが形成される。社会構造の変化の流れで組織はG1・G2へと変化し、究極のG3へと向う。このG3というのが“脱組織社会”である。この特性が“リベレーション(解放)・エクスタシー(恍惚)・フェイク(優れたもの=幻覚)”。

 つまり、「サイエンスの発達は人間としての制約から開放された行為に対して恍惚の一瞬を見出す。その行為自体がフェイク的であり、エクスタシーである。」というもので約20ページに渡って書かれている。

 日本はまだグループ2の段階であり、経済とか、組織とか管理とかシステムといったところに中心があるが近い将来グループ3へと向っていくだろう。と提言している。そしてその変換の二つの方法を解説している。直接当てはまるものではないが実に面白い提案である。この提案を元に作成した相関関係図を「ハヴスチャート(Highest Value Shift Chart)」と私なりに命名した。そして宇宙科学の第一人者糸川氏の理論を参考したので宇宙科学をモチーフに各業態を惑星のように配置し核(コア)を中心にした図が完成した。

多分、企業における組織図=共同体図としては他には存在しないであろう。

 これで、全て整った。

共同体図が出来た事で“宇宙戦艦”ができ、人事異動で全ての機関の配置が決定した。経営方針、戦略において目指すべき惑星に標準が当てられた。全ての乗組員が乗船することが出来た。未来への旅立ちの準備すべてが整った。後はスタートのボタンを押すだけだ・・・・。
by dokyu-nakanishi | 2011-08-31 08:08 | 日々想う事(感性を磨け)

中期経営計画も大詰めです。

現在「戦略的中期経営計画書」の作成中です。約3ヶ月間は毎年この時期の恒例行事みたいなものです。でも毎年大きく変化していきます。

「戦略的」とは、3年を一つのサイクルと考えて単年度の見直しを行う“ローリングプラン”の略です。

今年度は前年に増して大きな変化の年です。その変化に対応したプランの作成中です。

基本計画が18ページ、各業態毎が12ページ、それに補足資料が添付されて各社員に配布されます。

昨日はどうしても形にできなかった「共同体図」の見直しを図りました。

 来年度から当社は「組織図」というものを廃止します。よくトップを頂点にしたピラミットのような図が描かれ、誰がどの指揮命令系統を持ち、業績の責任者は誰で、その下に部下が・・・・ちょっと進んだ企業ではお客様を頂点にした組織図であったり・・・。

 私の発想は「利益的結合を重視した組織図」から「同志的結合による共同体」への変化を図で表す事です。従業員がこの図をみて「会社と従業員、従業員同士、そしてトップや役員と従業員の繋がりが変わった」と一目で見分ける事ができる図なんです。

 会社の進むべき道がこの図を通して社員に伝わらなければなりません。「お互いが同志なんだ。と言ってて組織図が上司と部下、上と下」こんな矛盾はありませんよね。

 元々組織図自体が不要なものなのですが・・・私にとっては“集落の地図”のようなもので此処に村長さんがいるよ、此処に行けば井戸があるよ、薪があるよ、畑があるよ、と説明するものに過ぎないのかもしれません。村に住む者たちが住み易く、自分達の仕事に精が出るようになっていれば良いのです。何かあったらあの長老の所に・・、力仕事があったらあの若者の所に・・女手が必要であればあの婦人の所へ・・・この図があれば何かあったとき安心だよ。そんな図が私にとって企業の組織図=共同体図なんです。決して指示命令系統図や責任の所在を明確にするとか、誰の下、とか上とかを表したものではないのです。

 時代の変化とは今までの常識が変わることです。一部が変わり始めた時、その変化を“非常識”と人は言います。でも全体が大きく変化していくとそれが常識、すなわち共有の価値観へと変化していきます。これが時代の変化と私は思っています。

*全ての集合体が組織図を廃止する必要性があるとは思っていません。明確な指示命令系統が必要な集合体も存在することも事実です。
by dokyu-nakanishi | 2011-08-30 00:08 | 日々想う事(感性を磨け)

結婚式のサプライズ

社員の結婚式がありました。

JRタワーホテル日航で行われたのですが、店舗が営業のため、他の事業部や本部の方々が多数参加してのサプライズ披露宴でした。新郎新婦に「どんな披露宴をやるの?」と聞いたら「サプライズです。」という返事が帰って来ました。

であるならば・・・

私もサプライズに挑戦と色々仕込んで見ました。

赤いジャケットと金髪がイメージ。準備に入りました。

前日に100円ショップで瞬間に毛染めができるスプレーを購入したのですが色がダークブラウン

どうもインパクトに欠けます。

当日の朝に急遽ドラックストアーで脱色の毛染めと復元の黒色を購入して

染めてみました。

挨拶で

「この年齢になると命より大切な髪の毛を今日は毛染めで20本は失いました。でもお二人はこの披露宴を忘れる事はないだろうが、私も生まれて初めての金髪。同じくこの日を一生忘れない。」と伝えると会場から笑い声が・・・

とても楽しい、そしてサプライズ溢れる披露宴でした。

a0285947_1438591.jpg


熱い視線を受けて新郎新婦の入場を待つ。

a0285947_1438514.jpg


意外と似合うかも・・・多くに視線にもなれて・・明日もこのままで出社しようかな?
by dokyu-nakanishi | 2011-08-26 04:08 | 日々想う事(感性を磨け)

49期教育方針

49期の教育方針が決定しました。

そのテーマに沿って

1.人間力高度育成カリキュラム

2.価値観の統一と共同体育成カリキュラム

3.見える化の実践カリキュラム

4.業務フォローアップカリキュラム

の4つのカテゴリーが出来上がりました。そのカテゴリーの中にそれぞれ具体的な研修が盛り込まれます。総額1500万円位の予算です。私が直接担当するのが1番の「人間力高度育成カリキュラム」です。

通称「リベラルカレッジ(少人数制自由学習)」というものです。

幹部社員を対象にその時の旬な出来事を取り上げて1時間の講話のあとディスカションを

行い互いの価値観を認識し合う勉強会です。それと社長の未来視点で選んだお店や映画、演劇等を視察や観賞し、その後居酒屋談義です。

私の趣味の部分が多いです・・・(笑)

業務の知識だけではなく高い感性を身に着けて頂こうと言う親心です。

(ただ、社長の遊び仲間がほしいだけかも・・・)

その他の研修は役員やプロジェクトが担当します。

例えばこんな研修です。

理念一体化セミナー

社長合宿

感動体験研修in北海道

東京飲食店視察研修(すでに起こった未来探し)

役員研修in東京

役員研修in上海

属性一番化セミナー

人間創造セミナー

DIAS研修

新入社員フォロー研修

リフレッシュ休暇充実研修

個人目標設定研修

クレド研修



主だったものです。

こんな勉強会を一年間を通じて行っていきます。
by dokyu-nakanishi | 2011-08-25 00:08 | 日々想う事(感性を磨け)

席替え

9月2日から本社の席の大移動があります。49期を見据えた組織変更が行われます。

49期のスタートは10月からですが、当社のモットー、「先に動け」ですから、移動はその一ヶ月前になります。

 今回の席の配置のコンセプトは「コミュニケーション」

どんな配置にするかワイワイガヤガヤで小学校の教室みたいです。黒板に配置図を描いて誰が何処に・・・結局みんなで話し合って4時間以上もかかりました。途中お腹がすいてコンビニでおにぎりを買って食べなからまたワイワイ・・・結局は21時を過ぎてしまいました。

私がもっと面白いレイアウトに・・と言うと

お金がかかるよ~

少しくらいなら・・

もっと感性を高めよう

カジュアルに・・・

センスが問われるな~

ちょっとそれは飛びすぎ、派手!

そこまでやるの?

等々

結局決定したのが、個人の席を持たないフリースタイル。

自分の朝の気分で好きなところに座れるビックテーブル

誰の隣に座ろうと自由、そのテーブルを2個、中央に配置する事になりました。

各自はローラー付きのサイドテーブル(3色)を移動します。

役員席はなんと、カウンター付き、そこにイスが2脚置かれます。

役員席で密談が出来るようになってます(笑)

役員からコーヒー持って此処に座らない?

なんて甘い言葉を掛けられたら要注意!

全てのパーティーションは取り払いました。

完全なオープンです。

本社は会議室を含めて180坪、ワンフロワーです。

業務に関わる広さは80坪位でしょう。

私の席からは全てが見渡せます。

さあ~何処に遊びに行こうかな・・・
by dokyu-nakanishi | 2011-08-24 23:08 | 日々想う事(感性を磨け)

笑う

 先日、ある方の誕生日を兼ねた夕食会がありました。

円山のイタリアンレストランでの会食、ボリュームのあるお店でした。

少ない人数でしたが2階はほぼ貸しきり状態。良く笑うメンバーです。

笑うということは「明日の活力」を生み出してくれますね。

私にとっても何よりのエネルギーです。

 昨日は経営についての勉強会がありました。多くの経営者の皆さんや大学の教授、大学生、幹部社員等様々な方々を介しての勉強会でした。

その中で「未来から逆算して今をどうするか」を考えるというお話があり、私も同感だなと思いました。

 でも、もう少し「未来の見方」につてお話をしをします。

 単純に未来を見に行こうと思っても未来は見えません。未来を見るコツがあるのです。

 脳科学を学んだことがあれば理解し易いとおもいますが、人間の脳はその人が見たもの、聞いたもの五感で感じたもの全てを記憶するわけではありません。脳って意外と怠慢なんです。自分にとってプライオリティの高いものしか記憶しないのです。

 認知心理学で言えば「過去に起こった重要と思われる情報の認知」すなわち

あなたが、全てと思われている情報はあなた自身が無意識の中で情報の重要度を決定しそれ以外を排除している。ということです。

 それは、脳の機能を守るための自己防衛システム(モメオスタシス)の働きによるのです。

とすれば、過去の情報によって重要と思われるものしか見えていなければ「過去の延長線上の未来」しか見えてこないのです。

 しかも、決定的ダメージは、過去の生き方が自分の意思ではなく他人の影響力の下で生きてきていたらどうでしょう?その情報は本当にあなたにとって重要な情報ではないのかもしれません。

 他人の刷り込みによる過去の情報。その情報からの未来・・・・・

そんな未来に夢や目標を設定したって達成するわけがないのです。そこから逆算したって未来への行動が具現化するわけがないのです。でも多くの人はこの道を辿ります。

 ここで前回お話をした「択友」ということの重要性が生まれてきます。

尊敬する友、あこがれの友、それはあなたの思考回路から自己防衛システムを取り除いた姿なのです。こんな人になりたい、なってみたい。でも・・・が解除されればGO!なんです。

人はよく「行動のスイッチ」などと言います。

“笑う”ということはこの自己防衛システムを解除する一つの手法でもあるのです。

“馬鹿笑い”最高じゃないですか、最近皆さん“馬鹿笑い”されましたか?

理性のスイッチを一度切ってみてはどうですか?(反社会性の行動はNGですよ)

脳幹にある網様体組織(めざめや注意力、意識の維持などに重要な働き)が遮断している基準を一度破壊するのです。新しい基準を作り上げるのです。

そして、初めて、未来を見る旅に出るのです。あなたにとって必要な未来が見えてくるはずです。

素晴らしい経営者はこの自己防衛システムを上手にコントロール(無意識を意識的にコントロールする=複数のゲシュタルトを持つことが出来る=潜在意識の顕在化)

していますね。
by dokyu-nakanishi | 2011-08-24 02:08 | 日々想う事(感性を磨け)

ある会合の親睦会

先週ある会合の親睦会がありました。

各企業の経営者の皆さんの集まり、素晴らしい人との出会いでした。

私は何時も、人との出会いは人生を変える。多くの人との出会いを大切にしようと

思っています。多くの人と出会うことで沢山のフイルターを持つことが出来るからです。

ですが、出会いと友を選ぶとは別な視点が必要です。

『択友』という言葉があります。

「友を選びなさい。」一見卑屈に思えるでしょうが、

自分の人生を決定づけるかも知れない出会い。その出会いから生まれてくる繋がりとは

自分の長所を発見してくれて、その長所を伸ばしてくれる繋がり、友との出会いです。

決してドリームキラーとの出会いではないのです。

多くの出会いを重ねるためには自らがしっかりとしたモノサシを持ち備えていなければ

いけません。

人が本来思うことが“利他”であり“善悪”という基準です。

人は誰でも誰かの役に立ちたいと思っています。

誰かの役に立っているという実感の中で成長していきます。

しかし、時として自我であったり損得と言う思いがよぎってきます。

もちろん、人間ですもの、無ければおかしいかもしれません。

その時の友です。

友と語らう仲で軌道修正をしていきます。もう一度本来の自分を取り戻していきます。

人生はあなたを裏切る事はありません

人生を裏切るのは“あなた”

本質を忘れれば人は利益しか求めなくなります。

利益的結合は排除しなければなりません

人間の生きる目的は幸せになること・・・

とするならば

どんな幸せを追求するのだろう・・・

日々、深く考える事が大切。

その過程の中で、多くの人と出会う。

そして、未来を語り合い、多くの人の心を捉える理想を備えた友を選択しよう。

それは「誰かのために・・・」という志をより一層高めてくれる出会いになるに違いない。

そんなことを思わせてくれる出会いでした。ありがとう・・・。
by dokyu-nakanishi | 2011-08-22 01:08 | 日々想う事(感性を磨け)

退職

昨日は社長セミナーの日、午後から社員が一同に介します。

冒頭で8月に退職されたMさんへの花束の贈呈と記念品お授与がありました。

定年は60歳ですが、雇用延長で後5年はがんばってもらいます。健康であれば70歳でも80歳でもがんばってもらいたいです。

退職のMさんから

どうきゅうで働いて良かった。皆と出会えて最高でした。と言う言葉がありました。一番後ろの席で聞いていたんですが、胸が熱くなりました。

そして、Mさんは・・・

「最後に中西社長にお礼を一言・・社長ありがとうございます。本当にどうきゅうに勤めてよかったと実感してます。これからもお世話になりますがよろしくお願いします」と締めくくってくれました・・・・どうしよう・・。

Mさんとは一番離れた席でしたが、飛んでいって抱きしめてあげたくなりました。

本当に嬉しいひと時でした。

その後、昨日は2時間に渡ってセミナーを開催しました。

テーマは「全ての思考は未来へ」・・・(行動とは未来を予測して動くこと)

と題して時流認識・未来への対応を話しました。

かなりリアリティな場面もあり、社員は興味深く講話を聞いてくれました。

2012年からの予測

決して正解などありません。

しかし、考えなければ行動は生まれません。安心・安全の中には変化は生まれてきません。

では2012年をどのように考えて行動するのでしょう。

何とかなるだろう・・・的行動ですか?

何とかならないだろう・・的行動ですか?

何とかならない可能性が高ければ、そのリスクは呼び込んでおかなければ・・・

あれ!15:00になります。これから第二弾の社長セミナーの時間です。

続きはまた後ほど・・・
by dokyu-nakanishi | 2011-08-18 05:08 | 日々想う事(感性を磨け)

士別(羊と雲の丘)

友人に教えられて、実家の傍の「羊と雲の丘」に行ってきました。

風が強かったですがとても景色の良い所でした。サホークの羊が放牧されていて長閑な感じです。

今日は実家から40分の道のり、娘の運転でここまで来ました。

免許を取って10日目、田舎道を選んで走行

のんびりと景色を見ながら・・・時には牛舎の前では「臭さ~」と言いながらも

自然を満喫です。

a0285947_14231136.jpg


羊と雲の丘から

a0285947_14231277.jpg


VOLVOのオープンカーに初心者マークが光る

近くには誰も寄ってきません(笑)

日が暮れると夕日がとても綺麗。

a0285947_14231241.jpg


実家の傍にはひまわりや沢山の花が・・・

a0285947_14231216.jpg


a0285947_14231270.jpg


つい、写してしまいました。自然ですね~、何時もは自転車を持って天塩川までサイクリングなのですが、この車には4人が乗ると自転車は積めるのですが・・・他の荷物が積めない。

家族のブーイングが怖いので止めました。
by dokyu-nakanishi | 2011-08-14 23:08 | 日々想う事(感性を磨け)

本日の夜食

今は午後9:00です。社員が夜食を作ってくれました。

チャーハンです。ラップに包んでくれて持ってきてくれました。

ちょっと見た目は悪いですがありがたい話です。

味はって・・・?

これからです。

a0285947_14231292.jpg


きっと・・・・美味しいでしょう。製作は自転車部で仕入れのH君です。今は来期の中期経営計画書の作成時期、やはり時間がかかります。

お盆までにやらなければ・・・

今日は午後から“真夏のサプライズ”という企画の打ち合わせでした。

その打ち合わせの中で、なぜか経営の話となり、BtoBからBtoCだよね、

なんて経営論の話まで飛び出しました。

明日は、役員の打ち合わせ、役員が一体となって進んでいきます。

仲良しの役員ですがこの時ばかりは真剣な討論。時にはエスカレートします。

でも、本当に後はすっきり、

すっきり気分でお盆を迎えます。・・・・がんばろう。
by dokyu-nakanishi | 2011-08-11 12:08 | 日々想う事(感性を磨け)


中西 泰司
(なかにし たいじ)

株式会社どうきゆう社長。自転車レースチームの総監督でもある。

実践で培った経営・人材セミナーは社の内外を問わず人気。


by dokyu-nakanishi

プロフィールを見る
画像一覧