<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

札幌国際大学スポーツ人間学の皆さんとのひと時

11月10日(水)札幌国際大学スポーツ人間学の学生の皆さん11名をどうきゅうに招待しました。私からのメッセージを伝えるためです。

当日は大学での講義が終了後、午後5時から6時半までの一時間半皆さんに飲食業界からみた世の中の転換、学びとはなにか、成長とは何か、人生とは何かを話させて頂きました。学校では決して学ぶことのない経営者としての視点です。「こんな考え方もあるんだな~」そう感じていただければと思っております。

学校が終わってお疲れのところにきてくれた仲間達です。

a0285947_1423897.jpg
当社の会議室で皆さんへの講話です。

a0285947_142388.jpg


真剣に聞いていただいた学生の皆さん

a0285947_1423847.jpg


a0285947_142386.jpg


a0285947_1423883.jpg


a0285947_1423876.jpg


a0285947_142386.jpg


皆さん真剣に聞き入ってくれました。就職活動や企業選びに少しでも役立ってくれれば嬉しいです。

最初は緊張していた皆さんも最後の記念撮影は楽しさいっぱいでハイポーズです。

a0285947_142384.jpg


さあ!その後のサプライズです。

当社のブランド「とんかつ玉藤」で食事です。

今回参加された学生さんに「この後用事ある人?」と聞いてみました。皆さん、また講義が続くの?的な視線で私を見詰めていたのですが・・・

「これからみんなでとんかつ食べに行こう」と言うとびっくりとした表情のあと歓声が上がりました。私の車と当社のチームカーを利用して近くのとんかつ玉藤南郷店へ直行です。

a0285947_142384.jpg


「好きなものを食べてもいいよ」と言うと皆はメニュー取り合いで選んでくれました。

何と・・・ロースカツ400gが8名、他には360g2名に300gが1名というびっくり注文・・さて完食できるかな?

a0285947_1423848.jpg


a0285947_1423941.jpg


a0285947_1423929.jpg


私の心配はよそにさすが若者これだけのとんかつにお替り3杯をペロリと平らげました。

a0285947_1423993.jpg


いや~本当にとんかつにたっぷり2時間をかけてみなさん楽しくお腹いっぱい食べてくれました。本当に有難うございます。学生時代の良い思い出になるでしょう。みなさんのこれからの成長を期待してます。(是非、あの約束の3つを守って楽しい学生生活を過してください)
by dokyu-nakanishi | 2010-11-29 08:11 | 日々想う事(感性を磨け)

ブログ復活

ブログが復活久々に書き込みです。11月5日以降ですから約一ヶ月ぶりですね。超ハードの一ヶ月間、といってもこの時期は毎年スケジュールはいっぱい。120%位の埋め込みです。2011年9月末までの社内行事やセミナー、他の団体の会合スケジュール等で8割以上は埋め作られています。その合間を縫って社員がアポを入れます。後はどのようにスケジュールを整理するかです。11月は鹿児島、京都、大阪にも出かけてきました。沢山の事を学んできました。アウトプットだけでは成長はしません。沢山のインプットが必要です。そのインプットされた情報を皆さんに伝える事でその情報は磨きがかけれら私の情報ボックスへ保存されます。

 知覧では再度、人生観について深く学ぶことができました。一緒に出かけたメンバーも最高のメンバーでした。次回は萩の予定です。

 大阪へは社員10名で出かけてきました。数多くの飲食店、吉本新喜劇、宿泊はリッツカールトンホテル。感性の学びです。最後に喫茶Yでは最高の経営者と出会いました。勉強させていただきました。

 京都では死生観を学んできました。沢山本を購入してきました。皆さんはお土産に饅頭や煎餅などを購入してましたが私の家庭では買っても食べる人がいないので食べたいけど我慢です。その分痛まない本を沢山購入しました。本を読むことは多くの人の人生を知る事になります。人を尊敬し他人の価値を理解する事ができます。多くのフイルターを持つことですね。

 月末は当社の株主総会でした。外部の株主、社内の株主の皆さんに集まっていただいて総会も無事終了しました。トップとして一番緊張する瞬間ですね。

社員との感動研修の模様です。

a0285947_1423874.jpg


a0285947_1423832.jpg


a0285947_1423842.jpg


a0285947_1423818.jpg


a0285947_1423841.jpg


大阪の喫茶Yのママ、その考え方に感動しました。来月もう一度来ます~。
by dokyu-nakanishi | 2010-11-29 04:11 | 日々想う事(感性を磨け)

知覧の旅

今週末に鹿児島知覧に行ってきます。今回で2度目です。帰札後、すぐに大阪、京都とハードスケジュールなのですが、今回の知覧はとても楽しみにしています。一回目の知覧の訪問の後、沢山勉強しました。戦争という歴史を振り返るのではなく“これからの未来をどうするか”を学んだのです。人間には必ず役割がある。その役割を全うする事が出来た人生って何て幸せなんだろう。皆さんもそう思うはずです。

 時代はとてつもない速さで多様化へと進んでいます。多能的、多様的な時代の中で私たちはこれからの10年、経営の中に、いや人生の中に何を残していけば良いのだろうか、不安が募る時代、先行きが見えない時代、こともすれば、自分を守るために、物質的なものや欠乏的なものを満たそうと考えがちにならないだろうか。自己の欲求や損得というモノサシで判断するようでは生まれてきた役割を全うする事なんでできない・・・とすれば、そこに気づくためにどうすれば良いのだろうか・・・

 知覧の旅はここから始まったのです。

「モノを求める時代に失った何か」を見つけられなければ残すべきものは見つからないのです。

私は従業員に常に「すでに起こった未来」を見つけなさい。と話をしています。針の穴のような小さなものかもしれませんが、必ずこの世の中に“未来”が存在しています。

 みなさんは知覧は過去の思い出が多い場という印象が強いでしょう。特に戦争=特攻というような印象でしょう。

でも知覧は“すでに起こった未来”が存在する場なんです。本当に日本人が追い求めている未来が知覧には存在しているのです。

 

「日本人ならば必ず一度は訪れる場所」といわれる由縁かもしれませんね。

PS:

“いま、見えるものしか見えず、いま、聞こえるものしか聞こえなければ、未来の変化に気づくことはできない。未来を感じるためには見える範囲を広げ、聞こえる範囲を広げることが必要である。「自分の感性を触発してくれる。」そんな環境に自らを放り込まなければ答えは見つからない。”
by dokyu-nakanishi | 2010-11-08 01:11 | 日々想う事(感性を磨け)

理念セミナー

48期理念セミナー、この時期は社員が理念に対してどっぷりと浸かる時期です。ほぼ毎週に渡り5回の理念研修が開催されます。朝10:00から終了は21:00までほぼ12時間です。

昨日は第3回目の研修が終了しました。私もこの研修は常に体力勝負で社員と向かい合って講話を行います。理念を社員にそしてお客様へ伝えていくために、当社では二つの仕組みを作っています。社員が理念を理解する仕組みは別の仕組みが存在します。人間としての基礎学を学ぶ仕組みです。(これを説明すると一日かかるかも・・)

今回はちょっと伝達の仕組みについてお話します。

私たちはこう考えています。

「理念は商品とサービスによって伝えられる」

経営理念(トップの思想・哲学)は色々なフイルターを通じて現場で働く社員によってお客へ商品とサービス(接客)という目に見える形となって伝えられていきます。商品には「理念の見える化戦略」という手法を使います。サービス(接客)には「理念の言葉化戦略」という手法を用います。

 更に理念の見える化には「10の具体策」があり、言葉化には「12の行動のお手本」があります。理念研修ではこの構造を徹底して学びます。

 しかし、これらを確実に実践するには条件があります。これらの手法にはマニュアルが存在しません。マニュアルは標準化を生みます。お客様の多様化した要望に応えることはとても難しいです。「すべては現場に答えがある」時代ですから、意思決定は現場になければなりません。大幅に権限委譲を現場に与えていきます。

 したがって、判断基準となる“ものさし”が必要になります。それが社員の「人間としての基礎学」の教育です。この教育が十二分に出来なければ権限委譲しても「自己本位の行動、損得の行動から抜け出す事は容易ではありません」

 ここに、理念教育の必要性が出てくるのです。「どっぷり浸かる」が必要なのです。温泉でもたしかに足湯もありますが、足湯では本当の温泉の効能を楽しむ事はできません。どっぷりと浸かって、2回・3回と入ることで体の芯から体感していくのです。

 理念を落とし込む事、とてつもなく難しい事です。でもそれ以上に経営者が理念に対して“ぶれない”ことが大切です。根幹が振れてはただ組織を迷走させるだけですからね。「言葉と言動に対する無矛盾」のために、まずは自分の人生哲学を固めることが必要と思っております。
by dokyu-nakanishi | 2010-11-05 00:11 | 日々想う事(感性を磨け)


中西 泰司
(なかにし たいじ)

株式会社どうきゆう社長。自転車レースチームの総監督でもある。

実践で培った経営・人材セミナーは社の内外を問わず人気。


by dokyu-nakanishi

プロフィールを見る
画像一覧