<   2009年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2009を振り返って

今日で仕事納めです。社内は大掃除の真っ最中です。

PCに向っているのは私ぐらい・・・。まあ社長の特権かな(笑)

今年は沢山の出逢いがありました。本当に感謝します。

 今年は年頭にこんな事を決めました。「人は善悪を基準に生きることは本当に難しい事。どうしても損得勘定が全面に出てきてしまう。損得を基準に行動すると必ず同じ考えの人に出会う。会ったばかりなのに営業の話、もちろん大切な事ではあるが世の中には同じ業種の人は満ち溢れている。「この人は忘れ物をしているな」と度々思う。

中々これからの人生、一生善悪を基準に生きていこうと思うとやはり重たい。だからこの一年だけ善悪を基準に行動してみようと心がけて毎日を過してみた。人に頼まれた事はよほど時間がない限り快く受け入れた。自分の時間を出来るだけ他人のために使ってみた。」

その結果は・・・

 不思議な事に今までとは全く違う人たちとの出逢いが生まれてきた。人が人を紹介してくれる。その人々全ての人が素晴らしい人たちである。私にとって素晴らしい出会いの連続である。

もちろん今までであった人も私に色々な事を教えてくれた。でもそれ以上に感動の連続であった。本当に不思議なものだ。大げさに言うと「人生が変わる」とでも言った方が良いかも知れない。

 2009年は私にとってこれからどう生きるべきかを教えてくれた1年のような気がする。

一歩踏み出すという事は物凄く大変でもその先にはそれ以上の価値が存在する。身をもって体験できた。2010年、もう一歩その先へ進んでみようと思う。

 「世の中にとって善か悪か」しっかりとした道徳心をもって「見せ掛けの“得”」に惑わされず生きていきたい。「一歩前へさらにもう一歩前へ」これがテーマかもしれない。この「もう一歩前へ」が相手の事を心底思いやったり物事をより深く思考する行動のような気がする。

2010年より厳しさが増すだろう。でもそこには「希望に満ち溢れた厳しさ」が待っているように思えてならない。希望と言う明かりを見失わずこの局面を楽しんでいきたい。

さぁ〜そろそろ掃除に取り掛かるとしよう。私の担当は神棚の掃除、先日北海道神宮に一年間のお礼と来年度のお札を購入してきた。綺麗に掃除をして飾らなければ・・・・・。

入口は新年の準備も完了です。4・5日に来社されたお客様には紅白のお餅をプレゼントします。(毎年美味しいと人気です)

a0285947_1481497.jpg

by dokyu-nakanishi | 2009-12-29 00:12 | 日々想う事(感性を磨け)

2009を振り返って

今日で仕事納めです。社内は大掃除の真っ最中です。

PCに向っているのは私ぐらい・・・。まあ社長の特権かな(笑)

今年は沢山の出逢いがありました。本当に感謝します。

 今年は年頭にこんな事を決めました。「人は善悪を基準に生きることは本当に難しい事。どうしても損得勘定が全面に出てきてしまう。損得を基準に行動すると必ず同じ考えの人に出会う。会ったばかりなのに営業の話、もちろん大切な事ではあるが世の中には同じ業種の人は満ち溢れている。「この人は忘れ物をしているな」と度々思う。

中々これからの人生、一生善悪を基準に生きていこうと思うとやはり重たい。だからこの一年だけ善悪を基準に行動してみようと心がけて毎日を過してみた。人に頼まれた事はよほど時間がない限り快く受け入れた。自分の時間を出来るだけ他人のために使ってみた。」

その結果は・・・

 不思議な事に今までとは全く違う人たちとの出逢いが生まれてきた。人が人を紹介してくれる。その人々全ての人が素晴らしい人たちである。私にとって素晴らしい出会いの連続である。

もちろん今までであった人も私に色々な事を教えてくれた。でもそれ以上に感動の連続であった。本当に不思議なものだ。大げさに言うと「人生が変わる」とでも言った方が良いかも知れない。

 2009年は私にとってこれからどう生きるべきかを教えてくれた1年のような気がする。

一歩踏み出すという事は物凄く大変でもその先にはそれ以上の価値が存在する。身をもって体験できた。2010年、もう一歩その先へ進んでみようと思う。

 「世の中にとって善か悪か」しっかりとした道徳心をもって「見せ掛けの“得”」に惑わされず生きていきたい。「一歩前へさらにもう一歩前へ」これがテーマかもしれない。この「もう一歩前へ」が相手の事を心底思いやったり物事をより深く思考する行動のような気がする。

2010年より厳しさが増すだろう。でもそこには「希望に満ち溢れた厳しさ」が待っているように思えてならない。希望と言う明かりを見失わずこの局面を楽しんでいきたい。

さぁ〜そろそろ掃除に取り掛かるとしよう。私の担当は神棚の掃除、先日北海道神宮に一年間のお礼と来年度のお札を購入してきた。綺麗に掃除をして飾らなければ・・・・・。

入口は新年の準備も完了です。4・5日に来社されたお客様には紅白のお餅をプレゼントします。(毎年美味しいと人気です)

a0285947_1481497.jpg

by dokyu-nakanishi | 2009-12-29 00:12 | 日々想う事(感性を磨け)

余暇の中で

久々にDVDを見ることにしました。今回観賞したのが・・・

a0285947_1481427.jpg
とても感動しました。半年後の死を宣告された二人の中年男性、余りにも違う人生を送ってきた二人が出した結論とは・・・

私がこの映画を見て今を振り返ると・・

 人生観はその人それぞれの経験や体験で大きく変わると思います。だからこそ人それぞれの価値観は必ず尊重しなければなりません。ですからこの時点での価値観はバラバラであって良いと思います。逆にバラバラでなければおかしい位です。でもそれは全て過去という時間軸の中での価値観、ですからここからが大切なんです。

価値観を統一する事でチーム力は発揮できます。

組織であれば理想(志)を抱き実現しなければならない夢を共有し、マイルストーンの目標を設定する。そして互いを信頼しあい行動する事で徐々に共通の価値観が芽生えチーム力が発揮されてきます。

でも人生の中でのスタートは死生観を持つことだと思います。

死生観を持って今を生きるとは未来軸をもって価値観を決める事です。欠乏欲求からなる行動は至高体験と言う成長動機によって変化してきます。最後は「誰かのために・・」自分を必要としている人のところへ戻ります。自分がやりたかった低次元の欲求をいくら充足しても生き甲斐は見つかってこないことに気がつくのです。そして愛する家族のもとへ・・・

 それこそが自分が生きてきた証ではないでしょうか、自分がこの世に生きてきた、その生き様を価値あるものとして認めてもらえて始めて自分がこの世に存在した事が実証される。自分の命が有限であるからこそ感じる(有限である事を改めて知る)ものではないでしょうか。

価値観の違った二人の男性は互いの墓標を山の頂に奉ります。違った人生を歩んできた二人がT外の価値観を共有するシーンです。
by dokyu-nakanishi | 2009-12-22 00:12 | 日々想う事(感性を磨け)

余暇の中で

久々にDVDを見ることにしました。今回観賞したのが・・・

a0285947_1481427.jpg
とても感動しました。半年後の死を宣告された二人の中年男性、余りにも違う人生を送ってきた二人が出した結論とは・・・

私がこの映画を見て今を振り返ると・・

 人生観はその人それぞれの経験や体験で大きく変わると思います。だからこそ人それぞれの価値観は必ず尊重しなければなりません。ですからこの時点での価値観はバラバラであって良いと思います。逆にバラバラでなければおかしい位です。でもそれは全て過去という時間軸の中での価値観、ですからここからが大切なんです。

価値観を統一する事でチーム力は発揮できます。

組織であれば理想(志)を抱き実現しなければならない夢を共有し、マイルストーンの目標を設定する。そして互いを信頼しあい行動する事で徐々に共通の価値観が芽生えチーム力が発揮されてきます。

でも人生の中でのスタートは死生観を持つことだと思います。

死生観を持って今を生きるとは未来軸をもって価値観を決める事です。欠乏欲求からなる行動は至高体験と言う成長動機によって変化してきます。最後は「誰かのために・・」自分を必要としている人のところへ戻ります。自分がやりたかった低次元の欲求をいくら充足しても生き甲斐は見つかってこないことに気がつくのです。そして愛する家族のもとへ・・・

 それこそが自分が生きてきた証ではないでしょうか、自分がこの世に生きてきた、その生き様を価値あるものとして認めてもらえて始めて自分がこの世に存在した事が実証される。自分の命が有限であるからこそ感じる(有限である事を改めて知る)ものではないでしょうか。

価値観の違った二人の男性は互いの墓標を山の頂に奉ります。違った人生を歩んできた二人がT外の価値観を共有するシーンです。
by dokyu-nakanishi | 2009-12-22 00:12 | 日々想う事(感性を磨け)

社長夜間セミナー開催

昨日は私が日頃感じている事をレポートにまとめて講話をする「社長夜間セミナー」もう30回以上も続いている。今回は私達を取り巻く外的環境について講話しました。

a0285947_1481425.jpg


でも私はアナリストでもなければ為替ディラーでもありません。私が得た情報から推測する未来は占い師よりも悪いかもしれません(笑)。現象なんかその位の感覚で学んで充分だと思うからです。もっと大切な事として私は社員に常に「内が変わり外が変わる。その逆の外が変わって内が変わるということは有り得ない。」と言ってます。今、私達の取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。“外的環境が大きく変化しているから私達も変わりましょう〜”という声を良く聞きます。果たしてそうでしょうか? 私達を取り巻く環境が変わるから、それに対応できるように私達が変化する事が正しいのでしょうか?変化の根源は何なのでしょうか?外的環境に合わせる、一歩先を行く・・・そんな発想では寂しくありませんか?それではいつしかBurn Outしてしまいます。他人の価値で生きる。こんな人生寂しくありませんか?

“内なるものを変える。その行動により外なるものに変化をもたらせる”

                          こんな発想はどうですか?

 今の経済状況やマーケットは情報を集めれば集めるほど未来は絶望的です。過去の情報の分析から未来は見えてきません。昨日のセミナーでお話した経済緊急レポートもデフレ緊急対策も過去の情報の積み重ねにより未来を想像したのに過ぎません。そこにはあまり解決策は無いのですね緊急的な処方箋はありますが・・。(一生懸命勉強したのにって・・・)

 私が話したかったのは「未来のない未来に希望を持つ」ということです。日々厳しさが現実となる中で、その厳しい現実の中に自らの人生を掛けることのできる理想を抱く事なんです。その理想が内なるものを変えるんです。先の見えない時代だからこそきっとあるはずの未来へと自分の生き様をぶつけていくんです。私は社員にこの3年間多くの事を伝えてきました。それはこれからの未来を生き抜いていく手法です。私の骨身を削って伝えたと言っても過言ではないでしょう。ですから私どもの社員は充分に内なる変化の扉を開ける力を持っています。そしてその扉が徐々に開いています。私はそれを日々楽しみながら見ています。厳しさの中にも私には光り輝く“どうきゅう”が見えているんですね。
by dokyu-nakanishi | 2009-12-16 07:12 | 日々想う事(感性を磨け)

社長夜間セミナー開催

昨日は私が日頃感じている事をレポートにまとめて講話をする「社長夜間セミナー」もう30回以上も続いている。今回は私達を取り巻く外的環境について講話しました。

a0285947_1481425.jpg


でも私はアナリストでもなければ為替ディラーでもありません。私が得た情報から推測する未来は占い師よりも悪いかもしれません(笑)。現象なんかその位の感覚で学んで充分だと思うからです。もっと大切な事として私は社員に常に「内が変わり外が変わる。その逆の外が変わって内が変わるということは有り得ない。」と言ってます。今、私達の取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。“外的環境が大きく変化しているから私達も変わりましょう〜”という声を良く聞きます。果たしてそうでしょうか? 私達を取り巻く環境が変わるから、それに対応できるように私達が変化する事が正しいのでしょうか?変化の根源は何なのでしょうか?外的環境に合わせる、一歩先を行く・・・そんな発想では寂しくありませんか?それではいつしかBurn Outしてしまいます。他人の価値で生きる。こんな人生寂しくありませんか?

“内なるものを変える。その行動により外なるものに変化をもたらせる”

                          こんな発想はどうですか?

 今の経済状況やマーケットは情報を集めれば集めるほど未来は絶望的です。過去の情報の分析から未来は見えてきません。昨日のセミナーでお話した経済緊急レポートもデフレ緊急対策も過去の情報の積み重ねにより未来を想像したのに過ぎません。そこにはあまり解決策は無いのですね緊急的な処方箋はありますが・・。(一生懸命勉強したのにって・・・)

 私が話したかったのは「未来のない未来に希望を持つ」ということです。日々厳しさが現実となる中で、その厳しい現実の中に自らの人生を掛けることのできる理想を抱く事なんです。その理想が内なるものを変えるんです。先の見えない時代だからこそきっとあるはずの未来へと自分の生き様をぶつけていくんです。私は社員にこの3年間多くの事を伝えてきました。それはこれからの未来を生き抜いていく手法です。私の骨身を削って伝えたと言っても過言ではないでしょう。ですから私どもの社員は充分に内なる変化の扉を開ける力を持っています。そしてその扉が徐々に開いています。私はそれを日々楽しみながら見ています。厳しさの中にも私には光り輝く“どうきゅう”が見えているんですね。
by dokyu-nakanishi | 2009-12-16 07:12 | 日々想う事(感性を磨け)

コーチングセミナー

昨日はサポルテの塚田コーチを招いての「SVコーチングセミナー」を開催しました。個別対応が求められる時代、リーダーが答えを見出せない時代、褒めて認めて育てる時代、信頼関係を前提とした関わりが重要な時代、パートナーシップが求められる時代、こんな時代背景の中で自らが学び、自らが考え、主体的に判断し行動できる=自立心を育む。事が必要不可欠(塚田コーチ)とおっしゃられていました。

a0285947_148147.jpg


メンバー(部下)の可能性を信じて、能力を最大限に引きだすことができる人材が今の幹部に求められています。過去の指示命令では現場の能力は高まりません。新しいSV技法を得るために

SV全員真剣に3時間の講習を受講していました。この研修は6回続きます。きっとすばらしい

コーチングマインドを持ち備えたSVが誕生すると思います。私はとても楽しみにしています。

a0285947_1481431.jpg


会議室の壁には前期行われた社員育成の取り組みの写真が一面に張られている。
by dokyu-nakanishi | 2009-12-15 00:12 | 日々想う事(感性を磨け)

コーチングセミナー

昨日はサポルテの塚田コーチを招いての「SVコーチングセミナー」を開催しました。個別対応が求められる時代、リーダーが答えを見出せない時代、褒めて認めて育てる時代、信頼関係を前提とした関わりが重要な時代、パートナーシップが求められる時代、こんな時代背景の中で自らが学び、自らが考え、主体的に判断し行動できる=自立心を育む。事が必要不可欠(塚田コーチ)とおっしゃられていました。

a0285947_148147.jpg


メンバー(部下)の可能性を信じて、能力を最大限に引きだすことができる人材が今の幹部に求められています。過去の指示命令では現場の能力は高まりません。新しいSV技法を得るために

SV全員真剣に3時間の講習を受講していました。この研修は6回続きます。きっとすばらしい

コーチングマインドを持ち備えたSVが誕生すると思います。私はとても楽しみにしています。

a0285947_1481431.jpg


会議室の壁には前期行われた社員育成の取り組みの写真が一面に張られている。
by dokyu-nakanishi | 2009-12-15 00:12 | 日々想う事(感性を磨け)

交流会

昨日は古くからお付き合いのある異業種交流会、私の大先輩が講演するとあって楽しみに参加しました。難しい医学の話を面白おかしく説明してくれました。とても参考になりました。私もオフシーズンはダイエットの期間、しkし宴会が多く美味しい料理を目の前にして食事の制限はとても辛いです。でも今日の講話を聴くとちょっと対策が見えてきました。その後の懇親会はとても楽しい2時間盛り上がりました。いつの間にか私の独演会(笑)になってしまいましたが・・・。今月はオブザーバーで3名の方が参加、皆さん若くこれからの世代の方々です。

 将来の日本を背負っていくみなさんに何か私に伝えられるもにはないか、いつもそう思います。若い時代に高い目標を持ちそれに向って明るく、前向きに一生懸命努力を重ねてきた人は必ず将来の人生が変わってくると私は信じています。もし、若い時代の気付きによって人生のありさまが全く異なったものになるとすれば「すばらしい人生を送る秘訣」を伝える必要があると思うのです。

“小さな親切大きなお世話”かもしれません。でも人生と言う実時間を費やするのですからそこに何かが積み重なっていかなければ生きてきた意味さえも無くなってしまうような気がします。

 若い世代にエールを送るためにも是非コミュニケーションを深めたいですね。
by dokyu-nakanishi | 2009-12-08 23:12 | 日々想う事(感性を磨け)

交流会

昨日は古くからお付き合いのある異業種交流会、私の大先輩が講演するとあって楽しみに参加しました。難しい医学の話を面白おかしく説明してくれました。とても参考になりました。私もオフシーズンはダイエットの期間、しkし宴会が多く美味しい料理を目の前にして食事の制限はとても辛いです。でも今日の講話を聴くとちょっと対策が見えてきました。その後の懇親会はとても楽しい2時間盛り上がりました。いつの間にか私の独演会(笑)になってしまいましたが・・・。今月はオブザーバーで3名の方が参加、皆さん若くこれからの世代の方々です。

 将来の日本を背負っていくみなさんに何か私に伝えられるもにはないか、いつもそう思います。若い時代に高い目標を持ちそれに向って明るく、前向きに一生懸命努力を重ねてきた人は必ず将来の人生が変わってくると私は信じています。もし、若い時代の気付きによって人生のありさまが全く異なったものになるとすれば「すばらしい人生を送る秘訣」を伝える必要があると思うのです。

“小さな親切大きなお世話”かもしれません。でも人生と言う実時間を費やするのですからそこに何かが積み重なっていかなければ生きてきた意味さえも無くなってしまうような気がします。

 若い世代にエールを送るためにも是非コミュニケーションを深めたいですね。
by dokyu-nakanishi | 2009-12-08 23:12 | 日々想う事(感性を磨け)


中西 泰司
(なかにし たいじ)

株式会社どうきゆう社長。自転車レースチームの総監督でもある。

実践で培った経営・人材セミナーは社の内外を問わず人気。


by dokyu-nakanishi

プロフィールを見る
画像一覧