<   2009年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

朝練

いよいよ11月より朝の室内ローラー練習を開始します。・・といってももう始めて1週間になるのですが、昨年は12月中旬より開始、目標は3月30日に実施される健康診断まで、その頃からは外で又走ることが出来るようになります。

今日も朝6:30からローラー1時間・筋トレ・ストレッチとメニューをこなして終了です。11月から始めようと思ったら「思った日から開始」これが“三日坊主”にならない秘訣です。思ったときが一番モチベーションが高い時、その時から出来なければ、目標を持った日からなんで実は出来っこないんですよ。あれだ、これだ出来ない理由を100個探すのは出来る理由を1個見つけるより簡単、私はそう思っています。

仕事も最近は120%、私の頭がパンクしそうですが、今の私の能力ではその位のハードさでなければこの時代の変革についていけません。でも社長自ら「遊びだか仕事だかわからないような楽しい会社」を実践しなければ・・・全てに成長!その先にしか楽しい会社は存在しない。

・・・・今日も従業員と共に頑張ろう!!。
by dokyu-nakanishi | 2009-10-28 23:10 | 日々想う事(感性を磨け)

朝練

いよいよ11月より朝の室内ローラー練習を開始します。・・といってももう始めて1週間になるのですが、昨年は12月中旬より開始、目標は3月30日に実施される健康診断まで、その頃からは外で又走ることが出来るようになります。

今日も朝6:30からローラー1時間・筋トレ・ストレッチとメニューをこなして終了です。11月から始めようと思ったら「思った日から開始」これが“三日坊主”にならない秘訣です。思ったときが一番モチベーションが高い時、その時から出来なければ、目標を持った日からなんで実は出来っこないんですよ。あれだ、これだ出来ない理由を100個探すのは出来る理由を1個見つけるより簡単、私はそう思っています。

仕事も最近は120%、私の頭がパンクしそうですが、今の私の能力ではその位のハードさでなければこの時代の変革についていけません。でも社長自ら「遊びだか仕事だかわからないような楽しい会社」を実践しなければ・・・全てに成長!その先にしか楽しい会社は存在しない。

・・・・今日も従業員と共に頑張ろう!!。
by dokyu-nakanishi | 2009-10-28 23:10 | 日々想う事(感性を磨け)

鳩山首相の所信表明演説

26日鳩山首相の所信表明演説が行われた。

その内容にびっくり、10月13日に東京で行われたあるセミナーで日本理化工業株式会社の会長大山泰弘氏の講演を聞いたばかりである。その会長の話が鳩山首相の所信表明に出てきたからである。2週間前の出来事なのに・・・。さらに・・・【驚き その1】

大山会長が考える人間の究極の幸せを実感し感動した。その感動を鳩山首相と分かち合えるなんて・・

所信表明の原文より

  「先日、訪問させていただいたあるチョーク工場のお話を申し上げます。

 創業者である社長は、昭和34年の秋に、近所の養護学校の先生から頼まれて2人の卒業生を 仮採用しました。毎日昼食のベルが鳴っても仕事をやめない2人に、女性工員たちは「彼女た ちは私たちの娘みたいなもの。私たちが面倒みるから就職させてやってください」と懇願した そうです。そして、次の年も、また次の年も、養護学校からの採用が続きました。

  ある年、とある会でお寺のご住職が、その社長の隣に座られました。社長はご住職に質問し ました。「文字も数も読めない子どもたちです。施設にいた方がきっと幸せなのに、なぜ満員 電車に揺られながら毎日遅れもせずに来て、一生懸命働くのでしょう?」

 ご住職はこうおっしゃったそうです。

 「ものやお金があれば幸せだと思いますか」。続いて、「人間の究極の幸せは四つです。愛さ れること、ほめられること、役に立つこと、必要とされること。働くことによって愛以外の三 つの幸せが得られるのです」。

 「その愛も一生懸命働くことによって得られるものだと思う」、これは社長の実体験を踏まえ  た感想です。」

なんと素晴らしいことだろう。講演でも大山会長は「働く」とは人に必要とされ、人に役立つことです。そのために一生懸命に頑張れば、みんなに応援してもらえます。その事を知的障害者に教えてもらいました。社会が人を必要としていることを伝えることが、企業を幸せにすることができるとおっしゃっていました。感動ですね。

【驚きの その2】

 さらにびっくりしたのは、最近とても興味があり本を読んでいるのが「明治維新」、今福沢諭吉の明治維新に対する考えかたを学んでいます。そんな時に、首相から「無血の平成維新」という言葉が・・・偶然だろうか?

所信表明より

「日本は、140年前、明治維新という一大変革を成し遂げた国であります。現在、鳩山内閣が取り組んでいることは、言わば、「無血の平成維新」です。今日の維新は、官僚依存から、国民への大政奉還であり、中央集権から地域・現場主権へ、島国から開かれた海洋国家への、国のかたちの変革の試みです。

 新しい国づくりは、誰かに与えられるものではありません。現在の日本は、黒船という外圧もなければ、敗戦による焼け野原が眼前に広がるわけでもありません。そのような中で、変革を断行することは、先人の苦労に勝るとも劣らない大きな挑戦であります。

 つまずくこともあるでしょう。頭を打つこともあるやもしれません。しかし、後世の歴史家から「21世紀の最初の10年が過ぎようとしていたあの時期に、30年後、50年後の日本を見据えた改革が断行された」と評価されるような、強く大きな志を持った政権を目指したいと思っています。

 今なら間に合います。

 これまで量的な成長を追い求めてきた日本が、従来の発想のまま成熟から衰退への路(みち)をたどるのか、それとも、新たな志と構想力をもって、成熟の先の新たなる飛躍と充実の路を見いだしていくのか、今、その選択の岐路に立っているのです。

 私は、日本が正しい路を歩んでいけるよう、自らが先頭に立ち、国民の暮らしを守るための新たな政策を推し進めてまいります。私は、国民の積極的な政治や行政への参加を得て、国民とともに、本当の意味で歴史を変え、日本を飛躍へと導くために、全力を尽くしてまいります。 」

なんと不思議なのだろう。「同根異才」という言葉がある。共通の根(志)がある場合個人個々は全体の方向から免脱しないという意味であるが、これから新しい日本を目指す鳩山首相と同じ感性をもっていると思うと(自分勝手な考えだが・・)驚き!。結びの文章の日本を“どうきゅう”と、国民は“従業員”であり地域現場は“店舗”と変えて読んだら正しく私の志が見えてくる。首相ありがとう!。
by dokyu-nakanishi | 2009-10-28 00:10 | 日々想う事(感性を磨け)

鳩山首相の所信表明演説

26日鳩山首相の所信表明演説が行われた。

その内容にびっくり、10月13日に東京で行われたあるセミナーで日本理化工業株式会社の会長大山泰弘氏の講演を聞いたばかりである。その会長の話が鳩山首相の所信表明に出てきたからである。2週間前の出来事なのに・・・。さらに・・・【驚き その1】

大山会長が考える人間の究極の幸せを実感し感動した。その感動を鳩山首相と分かち合えるなんて・・

所信表明の原文より

  「先日、訪問させていただいたあるチョーク工場のお話を申し上げます。

 創業者である社長は、昭和34年の秋に、近所の養護学校の先生から頼まれて2人の卒業生を 仮採用しました。毎日昼食のベルが鳴っても仕事をやめない2人に、女性工員たちは「彼女た ちは私たちの娘みたいなもの。私たちが面倒みるから就職させてやってください」と懇願した そうです。そして、次の年も、また次の年も、養護学校からの採用が続きました。

  ある年、とある会でお寺のご住職が、その社長の隣に座られました。社長はご住職に質問し ました。「文字も数も読めない子どもたちです。施設にいた方がきっと幸せなのに、なぜ満員 電車に揺られながら毎日遅れもせずに来て、一生懸命働くのでしょう?」

 ご住職はこうおっしゃったそうです。

 「ものやお金があれば幸せだと思いますか」。続いて、「人間の究極の幸せは四つです。愛さ れること、ほめられること、役に立つこと、必要とされること。働くことによって愛以外の三 つの幸せが得られるのです」。

 「その愛も一生懸命働くことによって得られるものだと思う」、これは社長の実体験を踏まえ  た感想です。」

なんと素晴らしいことだろう。講演でも大山会長は「働く」とは人に必要とされ、人に役立つことです。そのために一生懸命に頑張れば、みんなに応援してもらえます。その事を知的障害者に教えてもらいました。社会が人を必要としていることを伝えることが、企業を幸せにすることができるとおっしゃっていました。感動ですね。

【驚きの その2】

 さらにびっくりしたのは、最近とても興味があり本を読んでいるのが「明治維新」、今福沢諭吉の明治維新に対する考えかたを学んでいます。そんな時に、首相から「無血の平成維新」という言葉が・・・偶然だろうか?

所信表明より

「日本は、140年前、明治維新という一大変革を成し遂げた国であります。現在、鳩山内閣が取り組んでいることは、言わば、「無血の平成維新」です。今日の維新は、官僚依存から、国民への大政奉還であり、中央集権から地域・現場主権へ、島国から開かれた海洋国家への、国のかたちの変革の試みです。

 新しい国づくりは、誰かに与えられるものではありません。現在の日本は、黒船という外圧もなければ、敗戦による焼け野原が眼前に広がるわけでもありません。そのような中で、変革を断行することは、先人の苦労に勝るとも劣らない大きな挑戦であります。

 つまずくこともあるでしょう。頭を打つこともあるやもしれません。しかし、後世の歴史家から「21世紀の最初の10年が過ぎようとしていたあの時期に、30年後、50年後の日本を見据えた改革が断行された」と評価されるような、強く大きな志を持った政権を目指したいと思っています。

 今なら間に合います。

 これまで量的な成長を追い求めてきた日本が、従来の発想のまま成熟から衰退への路(みち)をたどるのか、それとも、新たな志と構想力をもって、成熟の先の新たなる飛躍と充実の路を見いだしていくのか、今、その選択の岐路に立っているのです。

 私は、日本が正しい路を歩んでいけるよう、自らが先頭に立ち、国民の暮らしを守るための新たな政策を推し進めてまいります。私は、国民の積極的な政治や行政への参加を得て、国民とともに、本当の意味で歴史を変え、日本を飛躍へと導くために、全力を尽くしてまいります。 」

なんと不思議なのだろう。「同根異才」という言葉がある。共通の根(志)がある場合個人個々は全体の方向から免脱しないという意味であるが、これから新しい日本を目指す鳩山首相と同じ感性をもっていると思うと(自分勝手な考えだが・・)驚き!。結びの文章の日本を“どうきゅう”と、国民は“従業員”であり地域現場は“店舗”と変えて読んだら正しく私の志が見えてくる。首相ありがとう!。
by dokyu-nakanishi | 2009-10-28 00:10 | 日々想う事(感性を磨け)

最近読んだ本

忙しい合間に読んでいる本が「逆説の日本史」と言う本です。何でこんな忙しいのに本を読むかって?。実は先日の東京研修で私から役員へのサプライズを実践したのですが・・みなさんは社長がどんなサプライズを提供したか解りますか・・・?実は、研修の翌日、羽田へ帰る前に浜松町の文教堂へ全員連れて行き「ここで好きな本を何冊でもよいから買ってもいいよ、趣味の本でも経営の本でも、最近の話題の本でも・・・」と言ってこのお店で1時間位の時間を取りました。大体一人5冊くらいは買うだろうなと想像していたのですが全部で12〜15冊くらいでした。私も数冊購入したので今その本を読んでいる最中です。

この本のサブタイトルが面白いのです。“「家康の遺言」に秘められた水戸黄門への密命”なにか興味をそそられませんか?(笑)。

 もう一冊が「福沢諭吉の精神」です。これは福沢諭吉が生き抜いた時代が徳川時代が33年、明治時代が33年と明治維新を丁度人生の折り返し点としてまるで違った二つの人生を生きてきた人だからです。明治維新が単なる歴史の通過点ではなく日本全体の世界観が全く変わってしまった時代を生き抜いた人材です。何か今の変革期と似た感じがしませんか?

文明国(パリ・ロンドン・ヨーロッパを歴訪)の成り立ちを学び「独立不羈の精神」にたどり着き根源的エネルギーを発見したのです。

 時代が変わる今は、新しいことを貪欲に学ぶ時期です。企業における教育について改めて見直さなければならない時期ではないでしょうか。
by dokyu-nakanishi | 2009-10-26 08:10 | 日々想う事(感性を磨け)

最近読んだ本

忙しい合間に読んでいる本が「逆説の日本史」と言う本です。何でこんな忙しいのに本を読むかって?。実は先日の東京研修で私から役員へのサプライズを実践したのですが・・みなさんは社長がどんなサプライズを提供したか解りますか・・・?実は、研修の翌日、羽田へ帰る前に浜松町の文教堂へ全員連れて行き「ここで好きな本を何冊でもよいから買ってもいいよ、趣味の本でも経営の本でも、最近の話題の本でも・・・」と言ってこのお店で1時間位の時間を取りました。大体一人5冊くらいは買うだろうなと想像していたのですが全部で12〜15冊くらいでした。私も数冊購入したので今その本を読んでいる最中です。

この本のサブタイトルが面白いのです。“「家康の遺言」に秘められた水戸黄門への密命”なにか興味をそそられませんか?(笑)。

 もう一冊が「福沢諭吉の精神」です。これは福沢諭吉が生き抜いた時代が徳川時代が33年、明治時代が33年と明治維新を丁度人生の折り返し点としてまるで違った二つの人生を生きてきた人だからです。明治維新が単なる歴史の通過点ではなく日本全体の世界観が全く変わってしまった時代を生き抜いた人材です。何か今の変革期と似た感じがしませんか?

文明国(パリ・ロンドン・ヨーロッパを歴訪)の成り立ちを学び「独立不羈の精神」にたどり着き根源的エネルギーを発見したのです。

 時代が変わる今は、新しいことを貪欲に学ぶ時期です。企業における教育について改めて見直さなければならない時期ではないでしょうか。
by dokyu-nakanishi | 2009-10-26 08:10 | 日々想う事(感性を磨け)

今日のスケジュール

 今日は朝6:00から社長セミナーお店がオープンする前に皆で集まって勉強会です。普通でないって?、だって一番を目指しているんです・・・(笑)。

 9時から感動体験PJ参加、11月の東京研修のルート作成、劇団四季のステージを社員と見に行きます。1ポンドのハンバーグも食べる予定です。下品なスイーツ店?も行く予定です。

また太りそう・・・。

 10時から評価者会議、46期の社員の評価です。役員全員で一人ひとりの評価を確認します。その後昼食を取って、13時から人材育成PJ参加です。自己実現へ向けて会社が支援する項目の洗い出しです。けっこハードなプロジェクトです。若干伸びてしまいましたが3時から店長セミナーです。17時今終了しました。

これから予算達成パーティーです。会場は大通り18時からです。出かけてきます・・・・。
by dokyu-nakanishi | 2009-10-23 08:10 | 日々想う事(感性を磨け)

今日のスケジュール

 今日は朝6:00から社長セミナーお店がオープンする前に皆で集まって勉強会です。普通でないって?、だって一番を目指しているんです・・・(笑)。

 9時から感動体験PJ参加、11月の東京研修のルート作成、劇団四季のステージを社員と見に行きます。1ポンドのハンバーグも食べる予定です。下品なスイーツ店?も行く予定です。

また太りそう・・・。

 10時から評価者会議、46期の社員の評価です。役員全員で一人ひとりの評価を確認します。その後昼食を取って、13時から人材育成PJ参加です。自己実現へ向けて会社が支援する項目の洗い出しです。けっこハードなプロジェクトです。若干伸びてしまいましたが3時から店長セミナーです。17時今終了しました。

これから予算達成パーティーです。会場は大通り18時からです。出かけてきます・・・・。
by dokyu-nakanishi | 2009-10-23 08:10 | 日々想う事(感性を磨け)

問題解決

最近このように考えています。

自分に対する問題は自分に解決できることしか訪れない。その解決の幅を広げるのが『学ぶ』と言うことだろう。私達は常に成長を目指しています。成長とは人間の質を高めていくことでもあると思います。更なる大きな課題を克服してこそ成長があるのではないかと思います。「感性を磨き今を追求する」それは新しい課題を克服するための学びではないだろうか、『低次元の課題をいくら解決しても人間の質は上がらない』そこには成長が見えないからである。“ありがとう”と言ってもらえる質を高めるために私達は常に学んでいるのではないだろうか。誰かのために・・・常に感性を磨き今を追及していこう。
by dokyu-nakanishi | 2009-10-22 23:10 | 日々想う事(感性を磨け)

問題解決

最近このように考えています。

自分に対する問題は自分に解決できることしか訪れない。その解決の幅を広げるのが『学ぶ』と言うことだろう。私達は常に成長を目指しています。成長とは人間の質を高めていくことでもあると思います。更なる大きな課題を克服してこそ成長があるのではないかと思います。「感性を磨き今を追求する」それは新しい課題を克服するための学びではないだろうか、『低次元の課題をいくら解決しても人間の質は上がらない』そこには成長が見えないからである。“ありがとう”と言ってもらえる質を高めるために私達は常に学んでいるのではないだろうか。誰かのために・・・常に感性を磨き今を追及していこう。
by dokyu-nakanishi | 2009-10-22 23:10 | 日々想う事(感性を磨け)


中西 泰司
(なかにし たいじ)

株式会社どうきゆう社長。自転車レースチームの総監督でもある。

実践で培った経営・人材セミナーは社の内外を問わず人気。


by dokyu-nakanishi

プロフィールを見る
画像一覧