<   2009年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

衆議院選挙を終えて

総選挙も終わり、圧勝をおさめた民主党の鳩山代表が30日夜から31日未明に記者会見などで語った主な内容です。

「三つの交代」

一つは政権交代。長く続いた自民党政権に対し、国民が新たな政権を選択した。二つ目は、古い政治から新しい政治への交代。市民が中心となる政治を作り出していく。三つ目は、主権の交代だ。官僚主権の政治から、国民主導の政治になるかどうかが問われる。三つの交代の意義をしっかりつかみ、国民の期待に応える政治を興していきたい。(読売新聞記事より)

私達は常に「激変する世の中、その変化の瞬間にいる」と認識しています。根源的価値が変わる中で数々の変化の積み重ねが時流をつくっていきます。今回の選挙の大きな視点であった「政権交代」が現実となり、大きな変化の一歩を踏み出しました。新しい政治(市民中心の政治)を目指し、閣僚主権の政治から国民主導の政治へと変化をしていきます。これは企業経営と全く同じだと思います。

世の中が激変する中、企業経営も現在は「変化の瞬間」と捉えてもよいでしょう。三つの交代を例に取れば「新しい企業経営」とは従業員やお客様中心の経営であり、役員主権の経営から従業員主導の経営へと変化する事ではないでしょうか。そして現経営陣がその変化を捉える事ができなければ「政権交代」も視野に入れなければならないと時代の変化は告げています。

今回の総選挙で国民は夢をもって大きな決断をしました。日本という国に夢を持ちました。「日本に生まれて良かった」と思いたい。そう思える日本を作るために市民中心の政治を希望しました。国民主導の政治を希望しました。しかしそれは今度、政権政党となる党だけの責任ではありません。私達国民一人ひとりが“未来の日本の「かたち」”を夢見てその実現に向けて歩まなければなりません。

「誰かが変えてくれる」他人事では日本は良くなりません。私達も国民の義務として目先の損得に捉われず、この歴史的変革が次の世代へ永遠と語り継がれるような日本を私達の手で作っていくことが大切ではないでしょうか。
by dokyu-nakanishi | 2009-08-31 08:08 | 日々想う事(感性を磨け)

衆議院選挙を終えて

総選挙も終わり、圧勝をおさめた民主党の鳩山代表が30日夜から31日未明に記者会見などで語った主な内容です。

「三つの交代」

一つは政権交代。長く続いた自民党政権に対し、国民が新たな政権を選択した。二つ目は、古い政治から新しい政治への交代。市民が中心となる政治を作り出していく。三つ目は、主権の交代だ。官僚主権の政治から、国民主導の政治になるかどうかが問われる。三つの交代の意義をしっかりつかみ、国民の期待に応える政治を興していきたい。(読売新聞記事より)

私達は常に「激変する世の中、その変化の瞬間にいる」と認識しています。根源的価値が変わる中で数々の変化の積み重ねが時流をつくっていきます。今回の選挙の大きな視点であった「政権交代」が現実となり、大きな変化の一歩を踏み出しました。新しい政治(市民中心の政治)を目指し、閣僚主権の政治から国民主導の政治へと変化をしていきます。これは企業経営と全く同じだと思います。

世の中が激変する中、企業経営も現在は「変化の瞬間」と捉えてもよいでしょう。三つの交代を例に取れば「新しい企業経営」とは従業員やお客様中心の経営であり、役員主権の経営から従業員主導の経営へと変化する事ではないでしょうか。そして現経営陣がその変化を捉える事ができなければ「政権交代」も視野に入れなければならないと時代の変化は告げています。

今回の総選挙で国民は夢をもって大きな決断をしました。日本という国に夢を持ちました。「日本に生まれて良かった」と思いたい。そう思える日本を作るために市民中心の政治を希望しました。国民主導の政治を希望しました。しかしそれは今度、政権政党となる党だけの責任ではありません。私達国民一人ひとりが“未来の日本の「かたち」”を夢見てその実現に向けて歩まなければなりません。

「誰かが変えてくれる」他人事では日本は良くなりません。私達も国民の義務として目先の損得に捉われず、この歴史的変革が次の世代へ永遠と語り継がれるような日本を私達の手で作っていくことが大切ではないでしょうか。
by dokyu-nakanishi | 2009-08-31 08:08 | 日々想う事(感性を磨け)

○○○フードシステムでの朝礼体験

 24日・25日と大阪に行って来ました。その際にある上場企業の大阪オフィスの朝礼に参加する機会を頂きすばらしい経験をさせていただきました。この企業は当社とも関連の深い企業で、私の大好きな(尊敬する)社長が経営をしている企業です。

 私は常々「経営にとってもっとも大切な事は“守るに値する哲学”を社員と共有すること」と言っております。特にスピードが要求される時代、根幹の経営哲学が“ぶれる”ことは現場の判断が“ぶれる”ことになります。私の大好きな社長は私が知り合ってから一度もこの哲学がぶれた事がありません。簡単なようでとてつもなく難しい事です。

企業が大きくなればなるほど、色々な知識をもった方々や違った価値観の方が多くなります。その中で自分の経営哲学を守り通すと言う事は私が想像する以上に大変な事ではないかと思います。時には自分の生身を削り、寿命を縮めてまでも守り通す。その覚悟と実践ができるこの方は本当に尊敬します。

 そんな大好きな社長からの依頼で朝礼に参加、スピーチの機会を与えていただきました。お話をしながら社員の皆さん一人ひとりの顔を拝見したとき「なんと素晴らしい会社だろう」という実感が込み上げてきました。社長の思いを社員の皆さんが本当に素直に受け入れている。社員の皆さんから「この企業に勤めてどこよりも成長する事ができる。沢山の人に喜びを与える事ができる」という誇りと喜びを強く感じ取る事が出来ました(社員の皆さんからそんなオーラーが漂っていました)すばらしいひとときでした。

 やはり“この社長があってこの社員”そして“この社員があってこの社長”という想いがしました。社員のみなさんが心底社長を信じている。やっぱり私の大好きな社長ですね。ありがとうございました。
by dokyu-nakanishi | 2009-08-27 00:08 | 日々想う事(感性を磨け)

○○○フードシステムでの朝礼体験

 24日・25日と大阪に行って来ました。その際にある上場企業の大阪オフィスの朝礼に参加する機会を頂きすばらしい経験をさせていただきました。この企業は当社とも関連の深い企業で、私の大好きな(尊敬する)社長が経営をしている企業です。

 私は常々「経営にとってもっとも大切な事は“守るに値する哲学”を社員と共有すること」と言っております。特にスピードが要求される時代、根幹の経営哲学が“ぶれる”ことは現場の判断が“ぶれる”ことになります。私の大好きな社長は私が知り合ってから一度もこの哲学がぶれた事がありません。簡単なようでとてつもなく難しい事です。

企業が大きくなればなるほど、色々な知識をもった方々や違った価値観の方が多くなります。その中で自分の経営哲学を守り通すと言う事は私が想像する以上に大変な事ではないかと思います。時には自分の生身を削り、寿命を縮めてまでも守り通す。その覚悟と実践ができるこの方は本当に尊敬します。

 そんな大好きな社長からの依頼で朝礼に参加、スピーチの機会を与えていただきました。お話をしながら社員の皆さん一人ひとりの顔を拝見したとき「なんと素晴らしい会社だろう」という実感が込み上げてきました。社長の思いを社員の皆さんが本当に素直に受け入れている。社員の皆さんから「この企業に勤めてどこよりも成長する事ができる。沢山の人に喜びを与える事ができる」という誇りと喜びを強く感じ取る事が出来ました(社員の皆さんからそんなオーラーが漂っていました)すばらしいひとときでした。

 やはり“この社長があってこの社員”そして“この社員があってこの社長”という想いがしました。社員のみなさんが心底社長を信じている。やっぱり私の大好きな社長ですね。ありがとうございました。
by dokyu-nakanishi | 2009-08-27 00:08 | 日々想う事(感性を磨け)

予告

8月21〜23日は東京へ24日〜25日は大阪へ、今日は道内の企業訪問と中々ブログを更新するチャンスがありません。でもこの1週間とても貴重な体験をしてきました。是非、皆さんにお伝えしたい事ばかりです。“予告”ということで是非ご期待下さい。PS:移動時間を利用して「知的生産力」が無限大になる一番簡単な方法というテーマの本を2冊読みました。情報が氾濫する世の中、スピード思考によって多くの情報を瞬時に分析できるようなりたいですね。
by dokyu-nakanishi | 2009-08-25 23:08 | 日々想う事(感性を磨け)

予告

8月21〜23日は東京へ24日〜25日は大阪へ、今日は道内の企業訪問と中々ブログを更新するチャンスがありません。でもこの1週間とても貴重な体験をしてきました。是非、皆さんにお伝えしたい事ばかりです。“予告”ということで是非ご期待下さい。PS:移動時間を利用して「知的生産力」が無限大になる一番簡単な方法というテーマの本を2冊読みました。情報が氾濫する世の中、スピード思考によって多くの情報を瞬時に分析できるようなりたいですね。
by dokyu-nakanishi | 2009-08-25 23:08 | 日々想う事(感性を磨け)

セミナーアンケート

 8月12日に当社が運営している「牛角」で働く約40名が集合して実施したアルバイトセミナーの感想文が届きました。この時は「生命は不滅・魂は永遠」というテーマについてお話をしました。参加者の年齢は20代前半、ジェネレーションZの世代、どれだけこのテーマを理解してもらえるか不安でした。でも、もし人生に対する考え方により、人生の結果が大きく変わるとしたらより早い人生の中でそれを伝えるのが私の役割ではないかと、この難しいテーマに挑戦しました。その感想文のほんの一部を紹介します。

Yさん「今回中西社長から学んだ事は人生を楽しく過ごし、未来の自分を夢見ているだけではだめだと言う事です。今は辛いかもしれないけれど今、一生懸命努力していこと思いました。」

Iさん「社長セミナーの後からみんな少し変わってきた様な気がします。(中略)久しぶりにまだ、しばらくこのみんなと働いていきたいと思いました。セミナーに参加して、私は今までとは違う考えかたをしてみようと思いました。」

S君「今思うのは○○店で働いているパートナー全員が社会に出たとき、ふと「また牛角で働けたらいいな」と思ってくれるような○○店を作っていくことです。日々誰かの笑顔のために生きていきたいと思います。」

S君「今回の社長セミナーに参加して、僕のアルバイトに対する気持ちが変わってきました。もちろん良い方向です。(中略)また参加するのでセミナーやってください。とても勉強になりました。」

こんなうれしい感想文です。参加の皆さんにはちょっと難しかったかもしれませんが本当に良く理解していたと感謝しております。

そして、ある参加者から質問がありました。お便りさせていただいた内容の一部です。

○○君へ

セミナー感想文ありがとうございます。とてもしっかりとした考え方に感動しました。

今の時代30年、40年と人生を過した人でも自分勝手に生きている人が多いように感じます。何故もっと人生を大切にしないのかと思うと憤りを感じます。

 私の話を聞いてすぐに○○君が行動したのには驚きです。とても嬉しいです。働くということは自分の人生の目的や目標を見つけることです。至高体験は働く事によって生まれてくるものです。そして沢山働けばそれだけ多くの至高体験を積み重ね他の人よりも早く人生の目的が見つかります。

 私もどうきゅうにはアルバイトで採用になり今は社長という役職を担っています。でもその時の想いと今の想いは何も変わっていません。「誰かに喜んでもらいたい」そしてその喜ぶ姿をみて、自分も喜び、自分の仕事に誇りを見つけてきました。

今回の○○君が喜んでくれたことで「セミナーやってよかったな」と心から思います。

その○○君がアクションを起こしてくれたことでもっと嬉しくなりました。(一人ではなく仲間の輪を作ったことも・・・)これで、又一つ社長としての誇りが増えました。ありがとうございます。シフト確認して、今度○○君の顔見に行きますね、楽しみにしてます。

30歳以上も違う20歳代とのコミュニケーション、お互いにちょっと近づく事ができたかなと思います。
by dokyu-nakanishi | 2009-08-21 02:08 | 日々想う事(感性を磨け)

店舗視察(玉藤南郷店&旬屋西岡店)

PJメンバーと店舗臨店に出かけました。PJは当社のクレージーアワード(褒める仕組み)のチェックシート作成のために実際に店舗に出かけてチェック項目の確認に出かけました。私は、一緒に同行、商品の品質チェックを行いました。

緊張する鈴木君の作業を見ながら、今回はお漬物、赤だし味噌汁・炊き込みご飯のチェックです。

a0285947_148528.jpg


お漬物、食感のある山くらげを使った一品、とても美味しく塩分もばっちり、二品目は鰹風味の大根のどんと漬け、乱切りに切った大根はパリッとしていて家庭で薄く切るたくあんとは違い印象に残る味です。最後に梅を食べましたが、余りすっぱくなく甘味もあり3品のバランスがとてもよく取れてます。漬物も食べ放題、これでけっこういけるかも・・。合格点かな。

a0285947_148535.jpg
次は「赤だしお味噌汁」基本チェックは温度と量、キャッチフレーズは“火傷するくらい”。

大きな器に入った味噌汁のフタを開けると赤出汁とねぎの香りがふんわり、飲むと熱々、シジミは4個、具もぷりぷり、ちょっと鰹の風味が不足気味かな?折角一番高い鰹節を使用しているのだからたっぷり使って違いをわかってもらわなければ・・・。惜しまずもっと削り節を入れよう。

a0285947_148583.jpg


最後は夏の「鶏ごぼう炊き込みご飯」

 普通・・・?。なんだな、これではだめ、訴えたいのが濃厚な中札内の鶏肉と牛蒡を使用したお袋の味の再現、お客様が考える前に旨いといって頂く本能への刺激性が不足している。和食職人の上品な味。調理師が作る美味しい味、すなわちプロの味なんです。私が求めてるのはおふくろの味、アマチュアの味なんです。やり直しです。その商品自体が訴える事が出来ない味はNG、「玉藤だからとんかつが美味しければよい」ではだめ、それは当たり前じゃないですか、だから50年の歴史があるんです。でもそれだけではないのです。とんかつも周りのものも、口にする全てが美味しくて当たり前なんです。

ブログで自分のお店の商品が悪いなんて書くことも不思議でしょうが、悪いわけではなくプロの味なんです。上品なんですね。わたしたち玉藤は「とんかつ好きのお客様のために」がモットーです。ガツンと食べてもらうために厚さとボリュームにこだわっています。お味噌汁もたっぷりの量をふーふー言って飲んでもらいたいのです。御飯もお替り自由、たっぷりとちょっといびつな位の味で食べてもらいたいのです。そんな想いが全ての商品に通じていなければ合格ではないのです。

プロがプロの味を変えるということはとても難しいものです。でもチャレンジするところに成長があるのです。味が変わるのが楽しみです。

次の視察店舗は「旬屋西岡店」

PJの皆でラインナップ見学、う〜ん、迫力あるラインナップでした。

プロジェクトのメンバーからも自然と拍手が起こりました。

私の経験ですが、ラインナップのクオリティとお店のクオリティは比例します。売上にも比例します。8月の業績は前年二桁アップだそうです。

a0285947_148546.jpg


a0285947_148558.jpg


そして感動体験研修で学んだアイテム“合い盛り”が今日から登場しました。

当店の人気商品の「御寿司20貫盛り」と同じく超人気の「お刺身盛り合わせ」が合体。

御寿司とお刺身を半々に盛り付けた一品、「一つ頼んで2度美味しい」お値打ち感たっぷりの商品です。1980円、これと室蘭焼き鳥の盛り合わせを頼んだらもう何もいりません。後はお好きな飲み物を注文するだけ、これで旬屋の美味しい体験完結です。

a0285947_148511.jpg

by dokyu-nakanishi | 2009-08-19 08:08 | 日々想う事(感性を磨け)

お盆休日

14日〜16日までお盆休日でした。2冊の本を読んだのですが新書ではなく1990年代前半に販売された本です。一冊は「宇宙の根っこにつながる生き方」(天外伺朗)この本でとても気になる部分がありました。宮沢賢治の「農民芸術概論網要」の中に記載されている宮沢賢治語録。を取り上げたものなのですが・・

a0285947_14848.jpg
「われらはいっしょにこれから何を論ずるのか、世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福は有り得ない。自我の意識は個人から集団社会宇宙へと次第に進化する。この方向は古い聖者の踏みまた教へた道ではないか、新たな時代は世界が一の意識になり生物となる方向にある。正しく生きるとは銀河系を自らの中に意識してこれに応じて行く事である。」

 宮沢賢治といえば「雨にもまけず」が有名ですが、この詩自体が宮沢賢治が高熱におかされ死を覚悟した時の死生観だといわれています。死を直面したとき初めて“生きる”ということの意味を問うものです。そんな事を感じながらこの文章を読み返してみると大乗仏教の影響を受けた宮沢賢治が宇宙感覚あふれる思想を持ち備えていた事に驚きです。

 世の中が大きく変わった90年代それから20年、その時気になって購入した本をもう一度紐解いてみると違った視点が見えてきます。(読めなかった行間が見えてくるような気分です)。
by dokyu-nakanishi | 2009-08-18 23:08 | 日々想う事(感性を磨け)

目標達成へ一歩踏み出そう

 私達は、「現状から目標を設定した場合、その目標を達成する事はまれである。殆どがその目標達成のための壁を乗り越えられず挫折する。」と考えています。

 しかし、その中でも目標を達成できる人もいるのも事実です。では達成できた人と出来なかった人にどんな違いがあるのでしょう。私たちの会社ではBコンフォートゾーン(現状満足領域)とAコンフォートゾーン(新しい満足領域)という未来体験でこの問題を克服しています。

 心理学用語のなかに、「防衛機制」というものがあります。

人間にとって生きるために必要な機能ですが、この機能がちょっとした悪さをします。

人は興味をもったものしか見えません。自分に対して興味がなければそこに成長への答えがあったとしてもみえません(気がつくことができません)。これは自然な事です。

 ということは実際に目や耳で見えたり聞こえたりしているものと心が見えているものには違いがあるということです。すなわち、情報には入るものと、入らないものがあるということです。

 「興味がない」を「他人事(他人責任)」と置き換えてみます。そうすると他人責任と思えるものは見えなくなり、自己責任と思えるものしか情報は入ってきません。だから目標を達成するためには自己責任の世界を広げなければ壁を破る答えは見つけられないのです。

 現在の自分(心地よい環境=Bコンフォートゾーン)から目標を設定した場合、目標を達成する事は有り得ません。変化を嫌う自分がいて目標を他人責任に置き換えてしまいます。(うちの社員が・・店長が・・役員が・・)なので答えを見つけることが出来ず壁を乗り越える事は不可能です。もっと悪いのは知らず知らず変化を嫌い心地よい環境へ戻そうとします。やろうとしている部下を抑制します。(やれって言ったのはあなたでしょう。部下から言われる事になります。)それが「防衛機制」です。

 壁を乗り越える前に他人責任にすり替えてしまうのは自分を不安や不愉快な状態から守るため現実とのギャップを埋めるためです。自分の周りの秩序が乱れるのを嫌うのです。自分の都合の良い理屈で埋め合わせをします。管理者に多い状態です。自分ではなかなか解らないものです。

 ではどのように自己責任の世界を広げるのか。結論から言うとAコンフォートゾーン(新しい満足領域)を体験する事です。あまり現実を直視する必要はありません。それでなくても現実はいやと言うくらい理解しているのですから、現実をみれば見るほど「防衛機能」が働くだけです。ですからどんな小さなことでも新しい満足領域を体験させる事です。

 新しい満足領域が今の満足領域よりももっともっと心地よいことを実感させるのです。そうすると興味がない(他人事=他人責任)から興味がある(自分事=自己責任)となります。すなわち「他人責任」から「自己責任」に変わることです。

そうすると今まで見えなかったものが見えるようになります。新しい情報がどんどん入ってきます。面白いように解決策が生まれてきます。

 現在の教育は理性を高める教育よりも「本能を高める教育」が必要なのです。心に通じる教育=未来体験教育なのです。そうすると本人自らが自己責任の世界を広げ“内”に変化を起こしマインドが変わってきます。それが壁を乗り越えた瞬間です。

「見えなかったものが見えるようになる」これが未来体験研修です。タイムマシンがなければ未来なんか行けないよ。と思っているあなた、それこそが防衛機制です。「すでに起こった未来」は沢山あなたの周りに存在しています。当社では多くの社員がこの方法で壁を突破しております。是非、挑戦してみては如何ですか?
by dokyu-nakanishi | 2009-08-14 01:08 | 日々想う事(感性を磨け)


中西 泰司
(なかにし たいじ)

株式会社どうきゆう社長。自転車レースチームの総監督でもある。

実践で培った経営・人材セミナーは社の内外を問わず人気。


by dokyu-nakanishi

プロフィールを見る
画像一覧