<   2009年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

6月18日セミナー受講感想文が届く

6月18日に行った「パートナーセミナー」の参加者の感想文が届きました。

58名の方から頂きました。ゆっくりと全文読ませていただきました。

そう、話は「日経平均」から始まったんですね。

感想文の中には

“社長の言葉がひと言ひと言心に突き刺さる想いです。今までにない充実感を味わいました。”

“私達のためなら惜しみないバックアップをしてくれる中西社長の言葉を励みに、お客様のためにしたい事は勇気と希望をもって実践します。”

“中西社長のセミナーに参加できたことを感謝します。あっという間の1時間半でした。「自分がいいと思ったことはやってもいい」私もやってみようと思います。”

“セミナーに参加して部長やトレーナーが言っていたことがもっとわかったので良かったです。”

“出席したパートから何か吹っ切れたように笑顔が出ています。お客様の見送りもニコニコ手を振っています。全員から行ってよかった、わかりやすかった、とても良い話だったとの声が聞けました”

等等感謝の気持ちと、新たな挑戦への宣言と盛り沢山の内容でした。有難うございます。

Eさんから頂いたご指摘、広報の担当者に伝え、早速修正しますね。

カレーの復活?・・・う〜ん、難しい問題だね。でも時間を特定したり、曜日を特定すれば実施可能になるかも、今は「朝カレー」も人気、やってみる価値はありそうですね。
by dokyu-nakanishi | 2009-06-30 05:06 | 日々想う事(感性を磨け)

消えちゃいました。

昨日、「第1回合宿研修in朝里」の深〜い、深〜い一泊二日の内容を書き込みしたのに消えてしまいました。これで2度目です。広報の安達課長に原因を究明していただくと何と「タイムアウト」の可能性が高いことが判明・・・

そうなんです。朝7時の行動から翌日までスケジュール毎に内容を入れていったら長文になってしまいました。その結果タイムアウトに・・・。と言うことは神様はこの研修内容をまだシークレットにしなさいというお告げなのかも知れません。世の中の摂理に従うことにしましょう。

でも、涙・涙の合宿研修でした。「社長と同じ釜の飯を食おう」と言うところから始まった社長合宿研修、「社長の作った朝ごはんが食べたい。社長に朝起こされたら何て幸せなんだろう」という願いをかなえる為に、5時から朝食作り、私が作った朝ごはんを満面の笑顔で食べる社員の姿を見て、私は涙が止まらず、鼻水をすすりながら味噌汁を・・・。

こんな社員と一緒に仕事が出来る。社長として“最高の環境”です。なんて幸せなんだろう。

だからこそ、この従業員を幸せにしなければいけない。経営の実現すべき事は「社員の総和を未来へ継承し、より豊かな人生を実現させること」改めて胸に刻み込んだ2日間でした。

さあ〜これから8月8日までこの合宿は続きます。週末は社員と水入らず、楽しみが増えました。がんばるぞ〜!。
by dokyu-nakanishi | 2009-06-29 23:06 | 日々想う事(感性を磨け)

いよいよ明日から社長合宿

26〜27日、一泊二日の「社長合宿研修」の第1回目が開催されます。昨年の10月からB分科会で計画されていた「理念合宿」です。従業員により経営理念を理解、実践していただくための施策の一つです。

もちろん理解実践には「信頼関係」が第一です。日頃店舗で離れている従業員を14〜15名をグループ化し7月末まで毎週末実施します。

朝7時からの朝食作りからハイキング、市場での買い物、夕食作り、理念交流会、社長との本音トーク、個人目標発表等盛り沢山です。私もとても楽しみです。

最終日は定山渓のお蕎麦屋さんで昼食、本社解散です。その後はチームと7月の柳月杯に向けて練習会・・・でも積丹のうにも解禁したし、やはりこの時期は現地で一度はうに丼を食べなければ・・・・超多忙な毎日です。
by dokyu-nakanishi | 2009-06-25 08:06 | 日々想う事(感性を磨け)

雑誌の取材

昨日は17時より東京からお越しいただいたサイクリストマガジンの取材、北海道のサイクリストのためにDOKYUレーシングクラブの使命を監督と言う立場でインタビュー形式で取材していただきました。7月15日発売の8月号に掲載の予定です。今日は10時より道内の経済誌の取材、�鰍ヌうきゅうの経営システムについてのインタビュー、かなり踏み込んだ質問に困惑、戦略を公表するのに迷ったが、これも世のため人の為、役に立つのであればありがたい話。この後18:30からはチームコーチングセミナー受講のため札幌駅周辺へ、その間ちょっとの間にブログの更新。これから夜9時までしっかり勉強してきます。そうそう、これはプライベートの話だけれど、ボントレガーのアイオロス50ミリのホイルが微妙に振れていた(1ミリ程度)。この際だから振れを取る事にしたが、何とタイヤを外さなければ調整が出来ないとの事。昼休みに慌ててTTPテープを剥がす。事務所の方に頼んでショップに届けてもらう事に・・・。なので今日の昼食のサイドメニューの“トコロ天”は明日への持越しとなった・・・・・・?
by dokyu-nakanishi | 2009-06-23 07:06 | 日々想う事(感性を磨け)

社長セミナー

当社のパートさん対象の「社長セミナー(今、私が伝えたい事)」の三回目が今、終了しました。11日には200名、15日に180名、17日に32名、合計412名のパートさんに直接お話しする事が出来ました。とても有意義な時間でした。パートさんからは厳しい意見もたくさん出ました。現場との沢山のギャップも感じられました。それをこらから一つづつ埋めていくことが私の仕事です。「従業員のための従業員の会社」を作るためには現場の声に耳を傾け受け入れていく事です。明日も午前中に30名のセミナー、でもまだ370名が残ってますが、随時開催して行きます。会社の方針や、会社が大切にする事、ましてや社長の元気な姿を見てもらうこと、そして現場の皆さんと一緒になって安心して働ける、安心してお客様に接しられるそんな企業作りを目指していきます。1時間半のセミナーは私の3日分のエネルギーを消費します。でもいつも新しいエネルギーを感じて終わる事ができます。今日も心地よい疲れでセミナーを終了する事ができました。今まで参加された412名のみなさん“ありがとう”。
by dokyu-nakanishi | 2009-06-17 08:06 | 日々想う事(感性を磨け)

第7回社員感動研修視察店舗決定

今期のテーマでもある「感性を磨け」。この実践のために当社ではクレドの一説に従業員に「個性豊かなあなたを育てるために置くのエクスペリエンス(体験)を提供します」と約束をしている。今期で7回目になる感動研修は一泊二日の東京研修である。コースは私が選定するのだが今回は10名(内役員2名)のメンバーで出かける。

初日は銀座インズ3である飲食店を視察する。ボリュームのあるパスタのお店。次に銀座1丁目に戻り、中華料理のお店へここは超一番商品がある店、その後人形町へ移動してハンバーガー店へ、独自性の強い店である。その後横浜へ移動接客で有名なイタリアンのお店へ、最後は新橋へ戻りB級グルメの居酒屋を転戦、一日が終わる。

 二日目は早朝散歩、前日のお腹の疲れを癒すために皇居・国会議事堂付近を探索、浅草、原宿方面を視察その後2班に分かれて圧倒的品揃えのスイーツ店と老舗和食店を視察16時に目黒で合流、定点チェックをしている超人気飲食店を視察、羽田空港へ・・。

これが今回の研修スケジュールである。

メンバーは事前研修で視察ポイントを学び、各自報告店舗が指定される。研修ご全体会議での発表とレポート、研修フォトアルバム作成が待っている。

日常の仕事をしながら研修に参加するスタッフも大変であるが「未来に触れる」良いチャンスでもある。どうきゅうのクオリティはこんな所からも生まれていく。
by dokyu-nakanishi | 2009-06-17 00:06 | 日々想う事(感性を磨け)

47期戦略的中期経営計画

いよいよ今月から「第47期中期経営計画(2009.10〜2010.9)」の策定作業に取り掛かる。毎年の事であるが、8月まで超過密スケジュールとなる。当社の一期は10月〜9月が一年度そのために4ヶ月前から事業計画の作成に着手する。だから私達の1年とは16ヶ月を意味する。4ヶ月で1年間のアクションプランレベルまで施策を落とし込みPDCAの実践を繰り返す。もう10年になるが毎年時流の変化に手こずる。昨年は予測はしていたもののサブプライム問題は大きな影響を与えた。

今年度は3カ年計画の最後の年である。「他社の参入を許さないより専門性の高い企業」の確立と「信頼関係に基づく人間尊重の経営」この2つを目的とした構造改革の評価が出る年でもある。今年はいびつな位、人材教育に視点を充てて来た。来年度は更にそれに輪をかけた人材育成が大きな目玉であろう。中小企業は「従業員が命」。従業員の成長なくして企業成長は有り得ない。信頼関係に基づく徹底した投資は必ずやすばらしい従業員を育てる事だろう。
by dokyu-nakanishi | 2009-06-15 06:06 | 日々想う事(感性を磨け)

エキサイティングに!

6日(土)・7日(日)はロードレースの大会、監督としての目標と個人(選手)としての目標を達成すべくエキサイティングな2日間、前回のブログとちょっと違った正反対の世界。だからこれも止められない。

レースカテゴリーは中級(S3)、大学生の部活チームや30代、40代、の活力溢れるメンバーとの一騎打ち!。相手に不足は無い55歳のパワーを見せ付けてやろうではないか!。そう闘志を燃やしてガチンコ勝負。12月からのダイエットで5キロの減量、激寒の早朝練習、約4000キロの乗り込み、勝つ事は無いが勝つ気満々。結果は数分で・・・集団から千切れてエンド。でもこれが楽しい。若者と一緒に汗を流す事、ガチンコで勝負をしてもらえる事。私にとっては贅沢三昧である。メタボや高血圧の話とは違う世界だ。今年も破れたが来年こそはあっと言わせよう。叶わない夢でもあるが・・。初日の宿泊は同室になった札幌○院大学自転車競技部の選手と我がチーム員と6名で人生談義、レースではかなわないが此処では“親父パワー”炸裂。相手の睡魔をことごとく粉砕、朝は夜明けと共にカッコーでたたき起こして・・・。これで少しは今日のレースで優位になるだろう。今日のレースは激坂登り3周の長丁場、号砲一発、うまく先頭集団に乗れた!。次は永遠と5キロも続く坂の始まり・・・一人、一人と抜かされる。昨日同室だった学生もあっさりと私を追い越していく、昨日の作戦は失敗か!、後ろを振り返ると2〜30人いた筈の集団は全て私の前へ・・・。

又昨年と同じ展開である。追い越されても追い越すことの無いレース。この半年の成果も水の泡と消える瞬間でもある。結果は何時のも定位置。来年があるさ、また一年間ストイックにがんばろう。

そうそう、数名の方から会場で“優勝おめでとう”と賞賛の言葉、リザルトの一番上に私の名前が載っていたようだ。“いえいえ、私は下から数えたほうが早い順位です”と応えていたのだが不思議でたまらなく掲示板を確認に・・・何と私の名前が一番上に・・・、そう、2枚目の一番上に(笑)・・順位がA4で書ききれなく二枚目の一番上に私の名前が・・そして各カテゴリーはA4一枚で終わるので一番上は優勝者から・・・。これが間違いの原因。でも声を掛けていただいた方には感謝、私の存在感もまんざらでないのかな・・・?。早く期待に応えられるようがんばります。

チームは2名がツールド北海道本選の出場権をゲット、これで3年連続複数名を搬出したチームとなる。

これで、序盤のレースは一段落、次のレースは柳月杯である。昨年は最高峰のカテゴリーで1位から4位までを独占、表彰台をDOKYUで飾った。今年はプレッシャーのレースである。チーム力を駆使して戦おう。
by dokyu-nakanishi | 2009-06-08 09:06 | 日々想う事(感性を磨け)

凄く凄く大切な時間

ちょっと変な話かも知れませんが、社長という役職は公的な立場でもあり24時間常に企業の責任を負っています。何か言い表せない重圧を感じながら生活をしています。それが良い意味でのプレッシャーであり、活力でもあります。だからこそ社長業を営む魅力があると思います。

でもそんな環境からちょっと離れる事でまた違った発見が生まれてきます。

私は平日の休日を利用してちょっと体験をしてきました・・・趣味のサイクリングで野や山を一人で100キロほど走行してきました。特別なあても無くこの道を曲がりたければ曲り、あの山へ行きたければ道を登り、また果てしなく続く道をひたすら真っ真っ直ぐに・・・。山道に入れば木と風と一体になり木の葉のように自然に溶け込み、山頂で自分の走ってきた道を振り返り、ただぼんやりとこんなとこまで登ったんだなと思いにふけて、

またひたすらとその道を引き返す。自分の脚力と付き合い、どこまでもペダルを踏み続ける。その無の瞬間から、一番先に私の脳裏に伝えられたのが・・・感謝の想いでした。

こんな環境にいる自分を支えてくれるすべての人への感謝の気持ちです。

会社はその時点でも確実に動いています。役員やスッタフの皆さんのお陰です。家庭も家族の帰りを静かに待っています。妻や子供達のお陰です。そんな想いが脳裏をよぎった時、改めて自分が何を大切にしているか見えてくるものです。激務に追われている社長さん、一度このような体験をしてみてはどうですか?。違った角度から自分を見るとまた新しい発見があります。
by dokyu-nakanishi | 2009-06-08 08:06 | 日々想う事(感性を磨け)


中西 泰司
(なかにし たいじ)

株式会社どうきゆう社長。自転車レースチームの総監督でもある。

実践で培った経営・人材セミナーは社の内外を問わず人気。


by dokyu-nakanishi

プロフィールを見る
画像一覧