古典

 地方統一選挙の真只中です。
 社長室からも選挙カーからの演説が聞こえてきます。国益や複雑な国際関係を踏まえて地方行政の在り方、リーダーシップの発揮の仕方、政治的にも人間的にもブレない人を選びたいですね。

 今日は今月末に開催予定の勉強会の資料を作成しました。最近勉強している中国の古典に触れた内容です。

 中国紀元前500年頃、中国は乱世の時代、形は周王朝の時代で天下を収める周王の下に諸国を治める諸候がいました。日本の江戸時代に似ているのですが力で国を支配しようとする権力者たちによって内乱が起き、諸候の内部でも混乱が生まれ、下克上が発生し社会秩序が乱れ世の中が急速に不安定になった時代です。

 何か、これから日本が一歩誤った舵を取ると権力による内乱が生まれ、中国の乱世の再現になりそうな気配があるのです。(もちろんそうならに様に世の中の摂理が働き、良い方向へと導きかれるのですが、一つの仮説として考えられる要因)

 しかし、中国の歴史を遡れば争いや権力で国を統治していたのではなく理想の政治の在り方や社会の在り方を唱え徳によって人々から愛され、尊敬された王が国を統治していた時代があったのです。その当時の教えとして存在した古典が「十三景経注疏」です。儒教に於いて重要とされる13種類の古典です。

 多くの研究者が取りまとめていますが、私は清朝時代に政府の高官だった阮元という人物が編ざんした「十三景経注疏」の内容を基に学んでいます。注釈書を基に出来る限り真意を読み取れるよう時間をかけて学んでいこうと思います。私の机の上には関連した書籍が5冊ほど載っています。2~3年はかかるでしょうね。(笑)

 でも、「徳で国を統治する」素晴らしい事ですね。どこでも勉強できますから海外で時間が空いた時や移動のときに一生懸命紐解いていこうと思っています。そして、経営に関わる部分は皆さんに伝えていきたいと思っています。
by dokyu-nakanishi | 2015-04-08 09:30 | 日々想う事(感性を磨け)


中西 泰司
(なかにし たいじ)

株式会社どうきゆう社長。自転車レースチームの総監督でもある。

実践で培った経営・人材セミナーは社の内外を問わず人気。


by dokyu-nakanishi

プロフィールを見る
画像一覧