第6回革新の風

やっと大きなタスクが終了しました。
 私のタスクって週に10~15個くらい、その中で重要度と緊急度に分けて仕事を進めるのですが、今週は緊急度の高いタスクばかり、しかも一つひとつがボリュームがあるのでどれを後回しにするか、日にちと時間の丈夫でした。そして、本日の午前中にすべての緊急タスクが終了しました。久々に心地よい気持ちです。

 昨日、一年回開催していた「経営塾 革新の風」が終了しました。参加されたみなさん本当にお疲れ様でした。最後は皆さんの素晴らしいメッセージと素敵なお花を頂き、感無量でした。本当に有難うございます。
 来週からはいよいよ海外に飛び立ちます。会社の設立や事業展開、しっかりと道しるべを作って帰ってきます。米国・東京・と札幌にいる機会がだんだん少なくなりますが、それだけに密度の濃い仕事が出来ます。PC作業は本社のディスクに居ようと海外のホテルに居ようと基本的には同じ環境です。事前準備さえしっかりしておけば余り苦になりません。人間って慣れるんですね。

 最近「逆転の経済学」という本を読んでいます。経済の予測は難しいです。正しい、誤り、という視点ではなく、捉え方の訓練です。色々な角度から見ていくと危機管理がし易くなるからです。“常識的錯覚”から抜け出した視点を養わなければ同質化してしまいます。自らの行動に制約をかけて進化を抑制してしまいます。

 「いびつな視点」は実は感性そのものなんですね。唯、自分を見失わないという強い意志と哲学があることが大前提ですがね…。みなさんもいびつになる訓練をしてみてはどうですか、今までに見えなかったものが見えてきますよ。
by dokyu-nakanishi | 2015-03-06 14:37 | 日々想う事(感性を磨け)


中西 泰司
(なかにし たいじ)

株式会社どうきゆう社長。自転車レースチームの総監督でもある。

実践で培った経営・人材セミナーは社の内外を問わず人気。


by dokyu-nakanishi

プロフィールを見る
画像一覧