企業訪問レポート

 11月に行われた企業訪問のレポートが届きました。
 お忙しい中、素敵なレポート有難うございました。早速社内で回覧させていただきました。株主総会や年末の準備のための打合せを控えた大切な時期、レポートは社員にとって最高の労いと今後の励みになりました。本当に有難うございます。内容をご紹介します。

豊平・清田地区企業訪問レポート (実施日2014・11・28)
       “究極の「おもてなし」ここにあり! 
            どうきゅうは、愛と信頼で結ばれた「最高のチーム」”

a0285947_11412865.jpg

①行事の写真が壁一面に貼られたパワーいっぱいの大会議室で、社員の皆さんとともに記念写真

a0285947_1141348.jpg

②トレーニングルームにて競技用自転車を体験。軽快に乗りこなす中西社長、カッコイイ!

a0285947_1142395.jpg

③クレドカードを手に説明いただいた。クレドルームにて

a0285947_1142489.jpg

a0285947_11432449.jpg

④⑤夕食はサプライズの「串揚げ」。デザートのアイスクリームの串揚げにはビックリ

a0285947_11441641.jpg

⑤「すべて社員に任せて、内容は知らなかった」と話す温かく穏やかな表情の中西社長

 「おもてなし」を極める会社「㈱どうきゅう」。「どうきゅう」では一般的にサービスと言われる「おもてなし」の心を会社の経営理念(クレド)として社員全員に共有化している。クレドをひたすら目指し、全社員に共有することは並大抵の事ではない。その実現のために中西社長は、社員を信頼し、限界までの権限移譲を実現されている。任せることの凄さ。そのことを同友会のメンバーが実感できる機会として、今回の会社訪問を実現していただいた。

 会社見学は、4つのグループに分かれて「応接室」・「クレドルーム」・「トレーニングルーム」そして大会議室での「年間行事の大パノラマ」を見学。どうやって人を育て、その人間が提供するサービス(おもてなし)を高めていくか。「褒める事」がそのベース。「任せる事」がその仕上げ。私たちは社内の見学を通し、本当に素晴らしい「最高のおもてなし」を受けた。

 夕食には、その場で揚げるサプライズの「串揚げ」。素材一つひとつに思いのこもった串揚げの味は本当に美味しく格別だった。夕食後、社員研修の一環として実際に実施しているという「生き残りゲーム」もグループに分かれて体験させていただいた。チームワークをより高めるには、人の意見を妥協ではなく理解し、尊重しあうことの大切さを痛感した。

 全身全霊で社員を愛し信頼する中西社長の現在までの努力とご苦労は計り知れない。「中西社長の存在とは?」の質問に「人生の師」、「一番尊敬する人」、「人生の目標」、と答える社員の皆さんからの言葉に、会場の傍らで見守る中西社長の笑顔が眩しかった。

 「社員のための会社」…言うのはたやすい。しかし、それを本気で真剣に実行している経営者はどれだけ存在するだろうか。「まだ見ぬ同友会の方々がどれだけ喜んでくれるかに思いを馳せて今回の準備をしました。」と社員の皆さんはいう。みんなが愛する会社「どうきゅう」。その素晴らしい会社をお披露目することの喜びが伝わる5時間だった。

 一カ月半も前から、私たちの訪問の為に貴重な時間を使い、準備してくれた社員の皆さんに「ありがとう」のひと言葉では表せない感謝の気持ちでいっぱいになった。温かい「おもてなし」と数えきれない感動、貴重な学びをありがとうございました。
               ディア・プランニング/樋口みゆき

㈱札幌白衣 山内社長、ディア・プランニング樋口社長、ありがとうございました。素敵な写真もいっぱい届きました。お正月はまた“特別バージョン”で皆様をお迎えしております。是非、お近くにお越しの節はお立ち寄りください。
by dokyu-nakanishi | 2014-12-22 11:50 | 日々想う事(感性を磨け)


中西 泰司
(なかにし たいじ)

株式会社どうきゆう社長。自転車レースチームの総監督でもある。

実践で培った経営・人材セミナーは社の内外を問わず人気。


by dokyu-nakanishi

プロフィールを見る
画像一覧